メニエール病にかかった芸能人14選|misono以外にもたくさんいる!?

メニエール病にかかった芸能人14選|misono以外にもたくさんいる!?

2019年10月7日にフジテレビ系「ノンストップ」にmisonoさんが出演し、メニエール病であることを告白しましたね。
メニエール病とは

MEMO
・立てないほどの回転性めまいが起こる
・耳鳴り、耳詰まりがある
・発汗、下痢などが起こる
・歩行が不安定になる
などの症状があります。
発作時間は数10分~数時間くらい続き、大変きつい難病ですね…。

そんなメニエール病ですが、過去にはmisonoさん以外にも多くの芸能人が発症しています。
この記事では、メニエール病にかかった芸能人を14人ご紹介していこうと思います。

メニエール病にかかった芸能人14選|misono以外にもたくさんいる!?

1.misono


まずはmisonoさんです。

misonoさんのメニエール病の症状は、耳がすごく痛い、起きたときにめまいが起こる、震えが止まらないなどがありました。
misonoさんの夫であるNosukeさんはがん闘病中だったため、夫の看病と多忙な仕事の影響でメニエール病が発症したのかもしれませんね。
12月いっぱいまでは仕事に取り組み、そのあとは活動を制限するようです。

2.久保田利伸


2番目が歌手の久保田利伸さんです。

久保田利伸さんは1980年代から第一線で活躍しているシンガーソングライターですが、2006年の全国ツアー開始直前にメニエール病が発症しました。
治療のためにコンサートは延期となりましたが、年内にコンサートツアーを開始させるまでに回復していますね。
現在も第一線で活躍されているので、メルエール病は治療次第で治る病気だと言えます。

3.加護亜依


元モーニング娘。の加護亜依さんもメニエール病が発症した1人です。

2008年の20歳のときに自身のオフィシャルブログでメニエール病が発症したことを告白しました。
朝から具合が悪く病院に行ったところ、メニエール病と診断されたそうです。

そんな加護亜依さんの現在は、イベントや子育て、旅行など楽しく過ごされているようなので、メニエール病も落ち着いているようです!

4.増田恵子


4番目は元ピンクレディーのケイこと、増田恵子さんです。

増田恵子さんは20代後半に「突発性難聴」を経験しており、2010年にも同じような症状があったそうです。
2週間放置した結果、メニエール病と診断されました。

現在の増田恵子さんは、2019年12月6日にコンサートを開催するなど、メニエール病の影響はあまりないのかもしれませんね!

5.八代亜紀


5番目は演歌歌手の八代亜紀さんです。

八代亜紀さんがメニエール病にかかった原因は、父親の死によるショックとストレスだったと言われています。
父親の死後、2日後にメニエール病が発症しているので、相当なショックだったのでしょうね。
父親の死なら当然のことかもしれませんが…。

今はメニエール病の症状は軽くなり、2019年2月6日にはお笑い芸人のみやぞんさんと「だいじょうぶ」という応援歌ソングを発売しています。


普通にいい歌で心に染みましたし、みやぞんさんの特徴的な声も素敵です(笑)

6.ハイヒールモモコ


6番目はお笑い芸人のハイヒールモモコさんです。

ハイヒールモモコさんは20歳の頃にメニエール病が発症し、投薬治療によって24歳で完治していました。
しかし41歳のときに再発してしまいましたが、現在は完治しています。
現在55歳ですが、テレビ番組に引っ張りだこの芸人さんですね!

7.相田翔子


7番目はアイドル歌手「Wink」、そして女優としても活躍してきた相田翔子さんです。

相田翔子さんは2008年の結婚した直後にメニエール病が発症し、激しいめまいや多汗に悩まされていました。
突発性難聴のような症状もあり、歌が歌えなくなるとのショックがありましたが、現在は治療の甲斐もあってメニエール病の症状は緩和されているようです。

8.栗山英樹


8番目はプロ野球監督の栗山英樹さんです。

メニエール病にかかったのは監督時代ではなく、選手2年目のときでした。
プロのプレッシャーからなのか、バッターボックスに立つたびにめまいがしていたそうです。
栗山英樹さんはプロ3年目のオフから治療を始め、プロ4年目に復帰を果たし、プロ6年目にはゴールデンクラブ賞を受賞するほどの活躍をしました。
現在は日本ハムファイターズの名将として活躍されていますね!

9.マオ(シド)


9番目はビジュアル系バンド「シド」のボーカル・マオさんです。

マオさんは2015年にメニエール病であることが発覚し、またポリープも同時に見つかりました。
現在はどちらの病気も完治しており、状態は以前よりもかなり良くなったそうです!
キーもいくつも上がったそうで何よりです(笑)

10.鳥越俊太郎


10番目はジャーナリストの鳥越俊太郎さんです。

鳥越俊太郎さんは2000年の60歳のときにメニエール病が発症しました。
現在は左耳がほぼ聞こえない状態ですが、補聴器奨学生募集のアンバサダーを務めるなど、耳が聞こえない人のために活動されています。

11.勝間和代


11番目は評論家の勝間和代さんです。

勝間和代さんは、サラリーマン時代に理不尽な上司やクライアントに振り回され、十二指腸潰瘍やメニエール病を患っています。
その経験をもとに「断る力」というものを身につけ、仕事の質や余裕を取り戻すことになりました。
「断る力」は本も発売されていますので、興味のある人は読んでみてくださいね!

12.GENKING


13番目はインスタ発のおねえタレントのGENKINGさんです。

2015年6月にメニエール病が発症したことを告白し、治療開始から1年間はバランス感覚が戻らず歩くことも難しかったそうです。
大好きなクラブも耳栓をつけていっていたようですね(そこまでしてクラブに行く根性がすごい…)

現在はテレビ番組からファッション関連のお仕事まで幅広く活躍されています。

13.中島誠之助

13番目は「開運!なんでも鑑定団」でおなじみの中島誠之助さんです。

いつからメニエール病にかかったのかは不明ですが、2014年の番組で明らかに喋り方がおかしく、呂律回っていない状態だったそうです。
個人的にはそのような印象はなかったので、1番意外な人かなと思いました。

14.今井翼


最後はタッキー&翼でおなじみの今井翼さんです。

2014年11月にメニエール病で入院していることが発表されました。
しかし同じ年の12月にはコンサートツアーにサプライズ登場し、ファンの方々に涙ながらに感謝を述べるシーンが印象的です。

しかし2018年3月にメニエール病が再発し、現在は芸能活動を休止しています。

まとめ

misonoさんがメニエール病にかかったのをきっかけに「ほかの芸能人でもいるのかな?」と思い、記事にまとめてみました。
実際に調べてみると、メニエール病にかかってもその後の治療で完治することもできるようです。
なのでmisonoさんも1日も早い回復ができればと思います。

またメニエール病は男女とも30代~40代の人がかかりやすい病気と言われていますので、ストレスを溜め込みすぎないように注意していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です