2018甲子園の出場校の最新まとめ!今までの成績や各高校の実力を徹底解剖!

2018甲子園の出場校の最新まとめ!今までの成績や各高校の実力を徹底解剖!

今年で第100回となる夏の甲子園。今年も甲子園の出場校が続々と決まってきましたね!

予選では、強豪校が次々と敗れてしまう波乱もありました。そんな中でも、出場を決めた高校の成績や実力をご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね!それでは、始めましょう。


他の高校に関しては次のページで書いています。

旭川大高 【北北海道】

旭川大高の成績

  • 春の選抜:0回
  • 夏の甲子園:7回

旭川大高は、今までに夏の甲子園のみ出場しています。夏の甲子園には7回出場しており、勝率は.364、勝ち数は4、負け数は7です。

旭川大高の注目選手は、プロ注目の沼田投手です。沼田投手は、146キロの右腕投手で悪天候に大変強い選手です。雨でぬかるんだマウンドでも、コントロールが安定しており巨人のスカウトが「悪天候にも動じない相当なレベルと」絶賛していました。

出典:https://www.nikkansports.com/

北照 【南北海道】

北照の成績

  • 春の選抜:5回(8強2回)
  • 夏の甲子園:3回

夏の甲子園には3回出場しており、勝率は0.00、勝ち数は0、負け数は3です。今大会で、甲子園初勝利を挙げられるかが楽しみですね!

北照にはスーパーエースの原田投手がいます。春の選抜の小樽予選では、25イニング連続無失点で攻略のスキを全く与えませんでした。北照が甲子園で勝ち進むためには、原田投手が守りきって、攻撃陣がワンチャンスをものに出来るかにかかっています。

八戸学院光星 【青森】

八戸学院光星の成績

  • 春の選抜:9回(準優勝:1回)
  • 夏の甲子園:8回(準優勝2回、4強1回、8強3回)

八戸学院光星と言えば、甲子園の常連校ですね!夏の甲子園には8回出場しており、勝率は.704、勝ち数は19、負け数は8です。惚れ惚れす成績ですね( ´ ▽ ` )

八戸学院光星のエース福山は最速145キロの直球と多彩な変化球を操ります。県大会決勝では強打の弘前東から15奪三振を挙げました。打線は武岡選手や東選手を中心にどこからでも得点できる強力打線も魅力です。

花巻東【岩手】

花巻東の成績

  • 春の選抜:3回(準優勝1回、8強1回)
  • 夏の甲子園:8回(準優勝2回、4強1回、8強3回)

花巻東高校は大谷翔平選手の母校ですね。夏の甲子園には8回出場しており、勝率は.667、勝ち数は6、負け数は3です。

花巻東は今年の春の選抜でベスト8入りしましたが、大阪桐蔭に0-19で大敗しています。花巻東の佐々木監督は「夏に向けて改革していかなければいけない」とコメントしており、春の悔しさをバネにどこまで成長できているかが見所です。

羽黒【山形】

羽黒の成績

  • 春の選抜:1回(4強1回)
  • 夏の甲子園:1回

夏の甲子園の出場回数は1回で、勝率は0.00、勝ち数は0、負け数は1です。夏の甲子園で勝利したことはありませんが、春はベスト4まで行ったこともあります。

羽黒には、山形県内最速の146キロを投げる佐藤投手がいます(メガネピッチャーです)。勝負強くチーム打撃に徹するチームで、選手層に厚さが増してきています。

羽黒の佐藤投手を分析!

出典:https://www.sanspo.com/

金足農【秋田】

金足農の成績

  • 春の選抜:3回
  • 夏の甲子園:5回(4強1回、8強1回)

夏の甲子園の出場回数は5回で、勝率は.583、勝ち数は7、負け数は5です。

19年ぶりに春の予選を制覇し、選抜にも出場しています。中心選手は、3番で147キロを投げる吉田投手です。吉田投手は冬で急速が3キロアップし、低めから浮き上がるような直球が魅力です。

聖光学院【福島】

聖光学院の成績

  • 春の選抜:5回(8強1回)
  • 夏の甲子園:14回(8強4回)

夏の甲子園の出場回数は14回で、勝率は.576、勝ち数は19、負け数は14です。

意外にも春夏ともにベスト8までしか、勝ち上がることが出来ていません。今年の夏はベスト8超えが1つの目標となるでしょう。聖光学院も持ち味は、なんと言っても強力打線です。甲子園予選決勝では、福島商に15-2で圧勝しています。今年の夏も打ち合いとなること間違いなしですね!

仙台育英【宮城】

仙台育英の成績

  • 春の選抜:12回(準優勝1回、8強2回)
  • 夏の甲子園:26回(準優勝2回、8強2回)

夏の甲子園の出場回数は26回で、勝率は.559、勝ち数は33、負け数は26です。

仙台育英は昨年の12月に不祥事があり、6ヶ月間の対抗試合禁止処分を受けました。そのため、甲子園出場は厳しいとの見方がありましたが、予選決勝では古河工に7-0で完勝しています。この試合では、2年生右腕エースの大栄選手、2年生4番の小濃の3安打などが目立っていました。甲子園で復活した姿を見せられるか期待しましょう。

作新学院【栃木】

作新学院の成績

  • 春の選抜:10回(優勝1回、4強1回、8強1回)
  • 夏の甲子園:13回(優勝2回、4強2回、8強1回)

夏の甲子園の出場回数は13回で、勝率は.694、勝ち数は25、負け数は11です。

注目選手は4番に座る沖選手です。春の県大会では、打率.526、6打点と4番の仕事を果たしました。また、3番と5番のクリーンナップにも強力だ者がいるため、注目校の1つですね。

土浦日大【茨城】

土浦日大の成績

  • 春の選抜:2回
  • 夏の甲子園:3回

夏の甲子園の出場回数は3回で、勝率は.250、勝ち数は1、負け数は3です。

茨城には常総や明秀の2大強豪校がいました。ですが、土浦日大が予選決勝で常総に6-1で勝ち甲子園の切符を手に入れています。エース富田が5点差開いても、気を緩めないピッチングが印象的でした。また、富田投手は今年の冬に1日8食食べ、10kgの増量に成功しています。甲子園でどんなピッチングを見せてくれるか楽しみです。

二松学舎【東東京】

二松学舎の成績

  • 春の選抜:5回(準優勝1回)
  • 夏の甲子園:2回

夏の甲子園の出場回数は2回で、勝率は.500、勝ち数は2、負け数は2です。

二松学舎は平間選手、保川選手、右田選手、畠山選手と180センチ前後の選手が並ぶ大型大型打線は非常にパワフルです。予選決勝では小山台に6-3で逆転勝ちを決めました。

日大三【西東京】

日大三の成績

  • 春の選抜:20回(優勝1回、準優勝3回、4強1回、8強1回)
  • 夏の甲子園:16回(優勝2回、8強5回)

夏の甲子園の出場回数は16回で、勝率は.622、勝ち数は23、負け数は14です。

予選決勝では、日大鶴ヶ丘に5-3でサヨナラ勝ちしました。注目は何と言っても、4番の大塚選手でしょう!予選決勝の9回裏にサヨナラ2ランホームランを放つなどの大活躍を見せています。

前橋育英【群馬】

前橋育英の成績

  • 春の選抜:2回
  • 夏の甲子園:3回(優勝1回)

夏の甲子園の出場回数は3回で、勝率は.800、勝ち数は8、負け数は2です。

甲子園予選決勝では、健大高崎と戦い6-5で9回にサヨナラ勝ちしています!ゲーム中盤まで3点のビハインドでしたが、8回に追いつき9回に逆転しています。これで、前橋育英は3年連続の甲子園ということになります。

中央学院【西千葉】

中央学院の成績

  • 春の選抜:1回
  • 夏の甲子園:0回

今年、夏の甲子園初出場を決めました!春の選抜も出場しているので春夏連続ということになりますね。

中央学院のエースである大谷選手は、5月末の練習試合で頭蓋骨骨折の怪我を負いました。1ヶ月のブランクがありましたが、予選決勝では1回にタイムリー、4回にはソロホームランなどの活躍を見せています。

木更津総合【東千葉】

木更津総合の成績

  • 春の選抜:3回(4強1回、8強1回)
  • 夏の甲子園:6回(8強1回)

夏の甲子園の出場回数は6回で、勝率は.500、勝ち数は6、負け数は6です。

春の関東大会で、国士舘や横浜高校をコールドで打ち破り4強入りしました。どこからでも得点が取れる打線は、相手チームからしたら脅威でしかありませんね。

花咲徳栄【北埼玉】

花咲徳栄の成績

  • 春の選抜:4回(8強1回)
  • 夏の甲子園:5回(優勝1回、8強1回)

夏の甲子園の出場回数は5回で、勝率は.733、勝ち数は11、負け数は4です。

前評判通り、順調に甲子園出場を決めてきました。昨夏、全国制覇を成し遂げたスタメンは主将の野村選手だけですが、現チームも能力は非常に高いです。今年の優勝候補の1つですね。

浦和学院【南埼玉】

浦和学院の成績

  • 春の選抜:10回(優勝1回、4強2回、8強3回)
  • 夏の甲子園:12回(4強1回)

夏の甲子園の出場回数は12回で、勝率は.455、勝ち数は10、負け数は12です。意外にも夏の優勝はまだないですね。

浦和学院は2枚看板のピッチャーが魅力です。140キロ超えの左腕の佐野選手、身長190センチの右腕ピッチャーである渡辺選手がいます。また、南埼玉予選では、県川口に17-5で勝っており、強力打線も侮れませんね。

浦和学院の2枚看板ピッチャーが強い!

出典:https://www.nikkansports.com/

横浜高校【南神奈川】

横浜高校の成績

  • 春の選抜:15回(優勝3回、8強1回)
  • 夏の甲子園:17回(優勝2回、4強3回、8強2回)

夏の甲子園の出場回数は17回で、勝率は.688、勝ち数は33、負け数は15です。横浜高校は松坂大輔選手の母校ですね〜!

激戦区と言われる神奈川県で、春の選抜予選は6試合59得点2失点と無双しました。夏の予選決勝では、鎌倉学園に7-3で勝利しています。左ピッチャーが3人いて、3人とも球速140~150キロというチームは全国でもいません。投手力はピカイチでしょう!

慶應義塾【北神奈川】

慶應義塾の成績

  • 春の選抜:5回(8強2回)
  • 夏の甲子園:4回(8強1回)

夏の甲子園の出場回数は4回で、勝率は.556、勝ち数は5、負け数は4です。

慶應は春の選抜にも出場しています。ピッチャーも左腕が2人いて投手力も安定していますし、キャプテンの下山選手の強打も光ります。

次のページに移ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です