ホーム » 秋のイベント(9〜11月) » 登山初心者の靴選びのポイントは?ハイカットとミドルカットはどっち?

登山初心者の靴選びのポイントは?ハイカットとミドルカットはどっち?


登山初心者において、必要不可欠なものがトレッキングシューズですね。

もちろんスニーカーでも登山することは出来ますが、疲れが余計にたまる原因になりますし、マメができ痛くて登れないなんてことは避けたいところです。

ただ、登山初心者にトレッキングシューズは馴染みがないので、何がいいのか分からないかと思います。

ここでは、登山初心者に向けてどんなトレッキングシューズを選べばいいのかご紹介していますので、お付き合いくださいね。

スポンサーリンク

登山初心者の靴選びのポイントは?

登山初心者の靴選びは、荷物の重さで決めるのがポイントです。

日帰りや小屋泊まりであれば荷物が少ないでしょうから、靴底が柔らかめの方がおすすめです。

一方、テント泊などであれば荷物が増えるので、靴底が硬めの方がおすすめです。

 
なんで?

靴底が柔らかめのものは、購入後でも足にすぐ馴染むので歩きやすいです。そして荷物が軽ければ、山道を歩いても体への負担は少ないのでいいかと思います。ただ、ぬかるみや岩場などは滑りやすいので注意が必要です。

僕の場合、登山始めたての頃は遠足の延長のような感じでしたから、靴底の柔らかいものの方が歩きやすかったですよ♪

一方、荷物が重い場合はねじれや体のブレが大きくなってくるので、余計に疲れがたまりやすくなります。なので硬めの靴底を履くと、ねじれや体のブレを軽減してくれます。ただ、普段柔らかめの靴を履いている人の方が多いので、最初は若干歩きにくいかもしれませんね。

まとめると、軽い荷物で歩く時間も短いのなら柔らかめのトレッキングシューズ、重い荷物で長時間歩くなら硬めのトレッキングシューズを履くようにしましょう。

スポンサーリンク

登山初心者はハイカットとミドルカットどっちがいい?

登山初心者の靴選びにおいて、もう一つ迷うのがミドルカットとハイカットをどちらにするかですよね。

 
ミドルカットとハイカットの違いって何?

ミドルカットは足首の覆いが低く、ハイカットは足首の覆いが高い靴のことを言います。例えばこんな感じ。

ミドルカットの靴のメリットは、足首をひねりにくい、ハイカットよりも軽量で扱いやすい、荷物が多少重くなっても安定して歩くことが出来るなどです。デメリットは、雪山で歩くことは想定されていない、素材によっては耐久性が弱いなどです。

用途としては、日帰り登山から山小屋に泊まる登山などでは、ミドルカットがおすすめですよ。

そして次に、ハイカットの靴はこんな感じ。

ハイカットの靴のメリットは、雨や雪や岩場でも歩くことができる、足首のホールド感があるため下りで安定する、防水性や耐久性に優れているなどです。デメリットは、重く扱いにくい、軽快な動きはできないです。

重い荷物を背負う場合や、テント泊登山の場合はハイカットの方がおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まとめますと、荷物が重く険しい山道の場合は靴底硬めのハイカット、荷物が軽く起伏の少ない山道であれば靴底柔らかめのミドルカットを選ぶようにしましょう。

また、別記事で登山初心者が準備するものやおすすめの服装をまとめていますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

こちらも合わせてどうぞ

1.ふるさと納税の仕組みから人気商品まで分かりやすく解説
どうせ税金を支払うならふるさと納税した方が簡単お得で100倍いい!

スポンサーリンク

 

このブログの管理人は

佑

佑です。

路上で商売を経験後、ブロガーになりました。暮らしのお役立ち情報や実践記を気ままに配信しています。

カテゴリー
記事を探すならここ↓