車の暑さ対策で効果的な方法は?ダッシュボード・シート・窓におすすめの対策をご紹介

車の暑さ対策で効果的な方法は?ダッシュボード・シート・窓におすすめの対策をご紹介

夏になると車に乗ったときが地獄のようです。
ドアを開けた瞬間の「もわっ」とした空気は、たまらなく不快ですよね(^^;)

今回は夏の車の暑さ対策で効果的な方法をご紹介していきます。
あなたが知らない意外な車の暑さ対策があるかと思いますので、チェックしてみてくださいね。

【前提】夏の車の温度はどれくらい!?

夏の車の温度って気になりますよね。
JAFが提供している情報によると、車内の平均温度は50度くらいです。

夏の車の温度は何度!?

http://xn--v8jb1rwea3j6bwps856aur1c.com

ダッシュボードに関しては、80度近くまで上がっているので、触ったらヤケドするくらいの熱さです。

夏の車の暑さは、熱中症になる可能性が高いので対策をしっかりする必要がありますね。

車の暑さ対策で効果的でかんたんな方法!

夏は車に乗るときがものすごく暑いですよね。
この暑さを抑えるには、車内の空気を換気することが大切です。

車の換気を効率よく行うには、こちらの方法がおすすめです。

車の温度を一瞬で下げる方法

1. エンジンをかけ助手席の後ろの窓を全開にする

2. 運転席のドアを5回くらい開け閉めする

3. 窓を閉め、助手席の窓を全開にする

4. 運転席の後ろのドアを5回くらい開け閉めする

ポイントは窓を1つだけ開けること、ドアを手早く開け閉めすることです。

対角線上のドアと窓の開け閉めをすることで、空気の入れ替えをスムーズにすることができますよ。

またドアを開けるときは、素早く開け閉めして車内に空気が入ることを意識しましょう。
ドアを閉めるときは、ある程度の思いっきりは必要ですが、そこまで激しくする必要はないです。

この換気方法をすると、車内の熱い空気が外にしっかり出ていき、車が冷えやすくなるので一度お試しくださいね。

車の暑さ対策でダッシュボードに効果がある方法!

夏は車のダッシュボードに日光が当たると、ダッシュボードの黒色が熱を吸収し70度以上になります。
なので、車内が暑くなる1番の原因はダッシュボードのせいです。

ということは、ダッシュボードの暑さをどうにかすれば、車の暑さは和らぐということですね。

具体的に車のダッシュボードの暑さ対策に効果的な方法は2つです。

車の温度を一瞬で下げる方法

1. ハンドタオルかおしぼりでダッシュボードをふく

2. サンシェードを使って日除けする

それでは、順番に解説していきますね。

1. ハンドタオルでダッシュボードをふく

この方法はとてもかんたんで、ハンドタオルを使うことでダッシュボードの温度を下げることができます。
具体的な方法はこちら!

車のダッシュボードの温度を下げる方法

1. 車に乗る前ににハンドタオルを濡らす

2. ダッシュボードを濡れているハンドタオルで数回ふく

これだけで、ダッシュボードの温度は下がってくれます。

ダッシュボードをふくときのポイントは、エアコン吹き出し口の上の部分のダッシュボードを重点的にふくことです。
そうすることで、エアコンの冷風がしっかり冷えてくれるようになります。

またダッシュボードをふくときは、ただのハンドタオルではなく、アイスタオルを使うとより効果的です。
自分用と車用に1つずつ持っておくと、夏の暑さがものすごく和らぎますよ。


2. サンシェードを使って日除けする

サンシェードを使ってダッシュボードの暑さ対策することも効果的です。

サンシェードとは、駐車時に車のフロントガラスに敷くカバーのことで、ダッシュボードに日光が当たらないようにしてくれます。

サンシェードと使うときは、サンシェードの下部分をフロントウィンドウの下部分にしっかり合わせて、ダッシュボードを完全に隠すようにしてください。

せっかくサンシェードをしても、ダッシュボードに日光が当たってしまっては意味がないので、お気をつけくださいね。


車の暑さ対策でシートに効果がある方法は?

続きまして、車のシートの暑さ対策をしていきましょう。

まず1番大切なのが、車に乗っていないときにシートに日光を当てないことです。

そのためには、サンシェードを使って日除けすることが大切になってきますね。

さらに本格的に車のシートの暑さをしたい場合は、エアーカーシートを使うと効果的です。
エアーカーシートとは、足、お尻、背中のシートの部分から涼風を出してくれる優れものです。

エアーカーシートを使えば、「車で背中が暑い」と悩む必要もなくなりますね。

また冬は温風に切り替えることもできますので、1年中使えるところも魅力です。


車の暑さ対策で窓にはカーテンがおすすめ!

先ほどご紹介したサンシェードは、車のフロントガラスの日除けに使うものでした。

車の窓の日除けをしたい場合は、カーテンがおすすめです。

車に乗っていないときは、カーテンをしておくと日除けになりますし、防犯対策にもなります。

また、子供に日焼けをさせたくないときにも、ものすごく重宝しますよ。



また車の窓にUVカットフィルムを貼ると、暑さ対策にものすごく効果的です。
車のUVカットフィルムの効果や料金については、こちらの記事で解説していますのでチェックしてみてくださいね。

>>車のUVカットフィルムの効果と料金をご紹介!透明なものでないと違反なの?
車のUVカットフィルムの効果と料金は?透明なものでないと違反なの?車のUVカットフィルムの効果と料金をご紹介!透明なものでないと違反なの?

まとめ

最後にまとめておきます。

車の暑さ対策で知っておきたいこと

・夏の車内の温度は50度近くまで上がる
(ダッシュボードは70度近くまで上がる)

・車に乗るときは換気をすることで、冷房の効きが◎

・ダッシュボードはハンドタオルでふいたり、サンシェードで日除けする

・エアーカーシートを使えば、車で背中が暑いことがなくなる

・車の窓にはカーテンか、フィルムを使うと効果的

夏の車は暑いですが、この記事でご紹介した方法で少しでも快適に過ごしていただければです。
車内での熱中症は、十分に、気をつけるようにしてくださいね。

また夏のおすすめ暑さ対策記事をこちらのページにまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

おすすめ暑さ対策のまとめはこちら