映画「コーヒーが冷めないうちに」を観た感想をホヤホヤのうちに書いておく!

【映画】コーヒーが冷めないうちにの感想を観てホヤホヤのうちに書いておく!

9月21日に映画「コーヒーが冷めないうちに」の公開が始まりましたね!

僕自身、とても楽しみにしていた映画でした

理由は、映画の主題歌「トロイメライ」をYUKIが歌っていたからです

僕はYUKIの大ファンでこんな記事を書くくらい大好きです

 気ままなQOL 
気ままなQOL
https://yuh-07.com/music/yuki-osusume-10sen.html
生活を楽しく便利にする情報を気ままに配信しています。

YUKIが歌っている主題歌の話は、また後からするとして・・・

ここでは、映画のあらすじと感想を書いていこうかなと

映画を観て、まだ1時間しか経っていないホヤホヤの感想です

コーヒーを飲みながら書いてるので、冷めないうちに書きます

多少ネタバレがあるのでご注意を

コーヒーが冷めないうちにのあらすじを簡単にご紹介!

ひっそりと佇む喫茶店「フニクリフニクラ」

この喫茶店にはある噂があって、それは

店内のあるテーブルに座ってコーヒーを飲むと過去に行けるらしい

というもの

ただし、面倒臭いルールが5つあります

1.過去に戻って、どんな事をしても、現実は変わらない。

2.過去に戻っても、喫茶店を出る事はできない。

3.過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまうまでの間だけ。コーヒーが冷めないうちに飲み干さなければならない。

4.過去に戻れる席には先客がいる。席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ。

5.過去に戻っても、この喫茶店を訪れた事のない人には会う事ができない。

今日も不思議な噂を聞いたお客さんが、この喫茶店を訪れます

幼馴染に想いを届けたい人

アルツハイマーの妻が記憶を無くす前に何を伝えたかったのか知りたい人

故郷の妹を裏切り、自分を責めてしまっている人

そして、過去に戻れる「ある席」に座っている謎の女性と
主人公の時田数の間にある秘密は・・・?

過去に戻り、彼らを待っていたものとは?

コーヒーが冷めないうちにの感想

ここからは感想を書いていきます

多少ネタバレも入っているのでご注意を!

観終わった後に「頑張ろう」と思える映画

この映画の中で、いくつか名言が出てくるんですよね

その中で印象に残っているのがこちら

「過去は変えられないけど、未来はあなた次第」

当たり前ですが、過去はいくら後悔して
「あの時こうすれば良かったな」と思っても変えられないです

でも、現在から未来は変えることが出来るので
落ち込まずに希望を持って生きていかなければいけないと思いました

映画中に、この過去と現在と未来の関係を
蚊取り線香に例えてこう言っていました

コーヒーが冷めないうちにの感想

灰色の部分が過去

赤く燃えているところが現在

緑色のところが未来

蚊取り線香は時間が経つと、全部灰になってしまいますよね

それと同じで、時間というものは残酷でモタモタしていると
あっという間に現在も未来も過去になってしまいます

だから、過去の後悔にとらわれず
今や未来を一生懸命生きていかなければいけないと
再確認させてもらった作品でした

吉田羊と松重豊と薬師丸ひろ子の演技が最高すぎる

この映画の主演は有村架純さんです

もちろん、有村架純さんを始め他の役者さんの演技も良かったです

ただ特に良かったのがこのお三方!

・吉田羊
・松重豊
・薬師丸ひろ子

いや、もうさすがの一言です

映画の広告に「4回泣ける」と書いてありましたが
涙腺が緩んだのはこの3人が絡んでいるシーンでした
(実際は3回泣きましたw)

特に松重豊さんは、妻がアルツハイマーで記憶をなくし
夫である自分の存在すらも忘れられてしまうという難しい役でしたが
絶妙な表情と演技で観ている人の心を掴んだと思います

映像がとても綺麗で、あの喫茶店に行ってみたい!

この映画の映像は始まりから終わりまで
ものすごく綺麗です

特に物語の舞台となっている喫茶店は
絵がたくさん飾ってあり雰囲気もとても素敵でした

映画のロケ地を調べてみたところ
横浜であることが分かりました

横浜美術大学やアメリカ坂などが使われているようですね

ただ、肝心の喫茶店情報がない!

あの喫茶店は映画のセットなんですかね?

誰か知っている人がいたら教えてくださいませ

週8で通うと思います

過去に戻りたい時を考えてみた

この映画を観て、考えたことはやっぱり

自分ならどの時に戻るかな?

ということです

それで、今までを振り返ってみたときに
僕は大切な人やペットの死に目に会えていないんですよね

大学から県外にいたため、親からの電話で知っていました

それが、とても申し訳なかったし
地元に帰ったときにその人はもういないので寂しくもありました

ちゃんとお礼を言いたいですが
映画のように過去に戻ることはできません

なので、今僕を支えてくれる人たちに
きちんと感謝の言葉を言わないといけないなと感じました

YUKIの「トロイメライ」が映画の終わりにグッとくる

映画が終わって主題歌になると、すぐ帰る人も結構いますよね

ですが、僕が観ていた会場では
みなさんYUKIの主題歌に惹き込まれるように
最後まで聴いていました

それくらい、映画の締めにピッタリハマった名曲かと思います

この「トロイメライ」は明るい曲調なのに
なぜか切なくなるような曲です

YUKIは「コーヒーが冷めないうちに」についてこのように語っています

後悔をしない生き方に憧れていても、それでも人は何度も間違えてしまうものです。私も自分がしたことに対して、“あの時もっとこうすれば良かったな”と思うことがたくさんあって、間違えない人生なんてないからこそ、何度間違えても、そのたびに“あれはこういうことだったんだ”と自分なりに納得をして、赦して、人は強くなっていく。自分を赦すことも、相手を赦すことも、とても難しいことだと思うんです。でも、人は何度でもお互いを赦し合し、生かされていくんだと思いました

http://www.yukiweb.net/traumerei/

トロイメライの歌詞の中で

何度でも笑うのよ
何度でも赦されていいから

と歌っています

結局、過去に戻りたい人は
自分が後悔して辛い思いをしたことから赦されたくて、
相手からも赦されたい人だと思います

でも、実際は過去に戻ることは出来ないので
周りに助けてもらいながら
自分なりに折り合いをつけていくしかないのでしょうね

ぜひ映画館に行ったら、最後の主題歌まで
聴いてみてくださいね

最後に

「コーヒーが冷めないうちに」は、
今までの自分や未来について考えさせられる素敵な作品でした

今年の秋にぜひ観てほしい映画です!

また、この映画の原作が読みたい方はこちらからどうぞ

また、映画好きな人に向けて
僕がネットフリックスで実際に見た面白い映画30選の記事を書きました

良かったらチェックしてみてくださいね〜!

 気ままなQOL 
気ままなQOL
https://yuh-07.com/dorama/2018-netflix-matome.html
生活を楽しく便利にする情報を気ままに配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です