【失敗なし】ドコモのMNP予約番号の取得をスムーズにする方法

【失敗なし】ドコモのMNP予約番号の取得をスムーズにする方法

更新日:2018年12月9日

このまえ格安SIMに乗り換えた佑といいます。
僕は長い間ドコモを使ってきましたが、格安SIMにすると携帯料金がとても安かったので乗り換えることにしました。

格安SIMに乗り換えるときに思ったことが

MNPってなに?
手続き面倒くさそう…。
設定失敗したらデータ消えるとかない?
dポイントってなくなる?

と心配していました。

ここでは僕と同じような不安を抱えている人に向けて、こちらのことを解説しています。

  1. MNP予約番号の取得する方法をやさしく解説
  2. MNP予約番号を取得するときにかかる手数料
  3. dポイントをお得に使い切る方法


それでは始めていきましょう。

前提知識
MNP予約番号とは、ほかの携帯会社に乗りかえたときに、今使っている携帯番号をそのまま使うための番号です。

今使っている電話番号をそのまま使いたい場合は、格安SIM会社と契約するときに必要となります。

MNP予約番号を取得するときに準備するもの

ドコモのMNP予約番号を取得するときに準備するものは4つです。

  • 電話番号
  • 暗証番号(ネットでする場合は必要)
  • dアカウント(ネットでする場合は必要)
  • 身分証明証(ショップでする場合は必要)

ドコモのMNP予約番号を取得する方法

ドコモのMNP予約番号を取得する方法は3つあります。

  • ドコモショップで取得する
  • 電話で取得する
  • ネットで取得する


ドコモでMNP予約番号を取得するときのおすすめ方法は電話かネットです。
順番に取得する方法を解説していきます。

電話で取得する

電話でMNP予約番号を取得する方法はこちらです。


  • STEP.1
    ドコモインフォメーションセンターに電話をする
    docomo携帯からかける場合:151
    それ以外の携帯からかける場合:0120-800-000
    受付時間9:00~20:00
    年中無休
    通話料は無料

  • STEP.2
    音声ガイダンスに従って番号を入力する
    ④→②を押せばOK

  • STEP.3
    4桁の暗証番号を入力する
    暗証番号を忘れた場合、そのままにしておくとオペレータにつながる

  • STEP.4
    オペレータにつながる
    携帯番号、名前、暗証番号を伝える
    MNP転出先を聞かれたら、正直に乗り換える予定の格安SIM会社を伝える
    理由を聞かれたら、正直に「携帯料金を安くしたいから」と伝えて大丈夫

  • STEP.5
    解約の説明を受ける
    解約金の説明などをされる

  • STEP.6
    MNP予約番号をメモする
    MNP予約番号を教えてくれるのでメモする
    有効期限も伝えてくれるので合わせてメモしておく


電話で取得するとドコモショップにわざわざ行かなくていいので楽ですね。
しかし電話がなかなか繋がりにくいので注意が必要です。
電話でかかる時間は10分くらいです。

ネットで取得する

ネットのMy docomoからMNP予約番号を取得することができます。
ネットから取得する場合はPCでしか取得することができないのでご注意くださいね。

それではネットからMNP予約番号を取得する方法を説明します。


  • STEP.1
    My docomoにアクセスしてログインする
    受付時間:9:00~21:30

  • STEP.2
    『ドコモオンライン手続き』の『もっとみる』を選択

  • STEP.3
    『携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)』を選択

  • STEP.4
    『解約お手続き』を選択

  • STEP.5
    『ドコモ解約時の注意』を確認する
    引き止められますが、意思を持って行動しましょう

  • STEP.6
    『携帯電話番号ポータビリティを予約する』にチェックを入れる

  • STEP.7
    『受付確認メールの送信』に必要ならチェックを入れる

  • STEP.8
    『手続きを完了する』を選択


ネットでかかる時間は5分くらいです。
僕はネットからやってみましたが簡単だったのでお試しくださいね。

ドコモショップで取得する

ドコモショップでMNP予約番号を取得すると、店員さんが手続きを全部やってくれるので安心です。
しかし時間帯や季節によっては混雑して待ち時間が長いので、あまりオススメはしません。
ドコモショップにわざわざ行くのも面倒くさいですしね。

MEMO
MNP予約番号には有効期限があり15日間です。
もし有効期限をすぎても再発行できますのでご安心ください。

MNP予約番号を取得するときに手数料はかかる?

MNP予約番号を取得するだけなら手数料はかかりません。
しかしSIMカードが届いて乗り換え手続きをすると解約になり、こちらの手数料が発生します。

  • 解約金:10,260円
  • MNP転出事務手数料:2,160円
  • 新規契約事務手数料:3,240円
  • 機種分割お支払い金額の残金
    (すでに払い終わった人は関係ありません)
  • 最後に利用した月の携帯料金


解約金は更新月ではない月に解約をした場合にかかります。
いわゆる2年縛りと呼ばれているものですね。

MEMO
【2016年5月に契約した場合】
2017年5月が契約満了月となり、6月~7月が更新月となります

MNP転出事務手数料は2年縛りが関係なく発生してしまうお金になります。

新規契約事務手数料は簡単に言いますと、SIMカード代だと思ってください。

ここでお得な情報として『気ままなQOL』サイトからUQモバイルを申し込んでいただくと新規契約事務手数料の3,240円が無料になり、送料もかかりません。
また13,000円相当のキャッシュバックもありますので、解約でかかるお金をまかなうことができます。

僕はこのキャッシュバックを利用して解約金をほぼ0円にできたので助かりました。

UQモバイルは格安SIMの総合満足度や通信速度が1位なので、はじめて格安SIMにする人にも安心ですよ。
(※格安SIMアワード2018のランキングより)


この特典は公式サイトやショップでは受けられませんのでご注意くださいね。
UQモバイルの特典が気になる人はこちらからどうぞ。

ドコモのdポイントをお得に使い切る方法

格安SIMに乗り換えてしまうと、今まで貯まっていたdポイントがすべて消滅してしまいます。
数百ポイントならいいかもしれませんが、数千ポイント貯まっているともったいないですよね。

dポイントを使い切る方法でオススメは3つです。

  • dショッピングでお買い物をする
  • ドコモの携帯料金を支払う(3,000ポイント以上貯まっている場合に可能)
  • dポイントカードを発行してコンビニで使う


dショッピングなら貯まっているdポイントを使うことができます。
お手軽な方法なのでdポイントを使いやすいかもしれませんね。

また3,000ポイント以上貯まっていたら携帯料金をdポイントから支払うことができます。
詳しくはドコモ公式サイトをご覧くださいね。

最後にdポイントカードをもらって登録しておくと、ローソンやマクドナルドで使うことができます。
dポイントカードは近くのドコモショップやマクドナルド、ローソンに行けば無料でもらえます。
dポイントカードをもらったらdポイントカード利用登録するだけです。
この方法なら格安SIMに乗り換えてもポイントが消滅しませんので安心ですね。

まとめ

ドコモのMNP予約番号を取得するときのポイントをまとめておきます。

  1. 取得するときは電話かネットがおすすめ
  2. MNP予約番号を取得するだけではお金はかからない
  3. SIMカードが届いて乗り換え手続きをしたときにお金がかかる
  4. UQモバイルなら13,000円相当のキャッシュバックやSIMカードが無料になってお得
  5. dポイントを使いきりたい人はdショッピングやdポイントカードを使おう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です