【2021年最新版】FP3級は「きんざい」と「 FP協会」の違い!どっちを受けるのがおすすめ?

【2021年最新版】FP3級は「きんざい」と「 FP協会」の違い!どっちを受けるのがおすすめ?

FP3級を受けようと思ってるけど「きんざい(金財)」と「FP協会」の試験はどっちを受ければいいのかな?
難易度とか違うのかな?

これからFP試験を受けようと思っている人は、どっちが良いのか迷うよね。

この記事を読んでいるあなたは、このようなことを悩んでいるかと思います。

僕自身、FP3級を受けようと思ったときに「きんざい(金財)」と「FP協会」のどっちの試験を受けようか迷いました…。

この記事では、同じように迷っているあなたに

この記事でわかること
・FP3級の「きんざい(金財)」と「FP協会」の違いは?
・FP3級を受けるなら「きんざい(金財)」と「FP協会」のどっちがおすすめ?

を過去のデータや根拠をふまえて、分かりやすく解説しますね(^^)

FP3級の「きんざい(金財)」と「FP協会」の違いは?

FP3級の試験は

FP3級の試験内容
・学科試験
・実技試験

となります。

それでは「学科試験」と「実技試験」について説明します。

FP3級の「きんざい(金財)」と「FP協会」の学科試験は同じ

学科試験の問題は「きんざい(金財)」と「FP協会」で同じです。

学科試験の基本情報はこちらのとおり。

FP3級の学科試験内容
・マークシート形式
・○×式30問
・三答一択式30問
・合計60問
・試験時間は120分
・60点満点で36点以上で合格

「○×式30問」はこのような問題となっています。

FP3級の「きんざい(金財)」と「FP協会」の違いは?

問題に対して、その問題が正しいのか間違っているのか、「○×」を判断するようになっています。

「三答一択式」はこのような問題となっています。

FP3級の「きんざい(金財)」と「FP協会」の違いは?

3つの選択肢から1つ選ぶ形ですね。

FP3級の学科試験を合格するためには、60%以上の正答率ですね。

学科試験の範囲は

FP3級の学科試験の範囲
・ライフプランニングと資金計画
・リスク管理
・金融資産運用
・タックスプランニング
・不動産
・相続・事業継承

の6つの分野から出題されます。

FP3級の「きんざい(金財)」と「FP協会」の実技試験の違いは?

FP3級の「きんざい(金財)」と「FP協会」の実技試験は内容が違います。

「きんざい(金財)」の実技試験の内容
・事例形式で5題出題される
・下記のうちから1つを選択
 →個人資産相談業務
 →保険顧客資産相談業務
・50点満点で30点以上で合格
「きんざい(金財)」の実技試験の内容
・マークシート形式
・三答一択式20問
 →資産設計提案業務
・50点満点で30点以上で合格

実技の試験時間は「きんざい(金財)」と「FP協会」ともに60分です。

「個人資産相談業務」「保険顧客資産相談業務」「保険顧客資産相談業務」ってどう違うの?

それは試験の出題範囲が違っており、こちらの表のようになっています。


表は横にスライドできます

FP協会(資産設計)
金財(個人資産)
金財(保険顧客)
ライフプランニングと資金計画
リスク管理
×
金融資産運用
×
タックスプランニング
不動産
×
相続・事業継承

「FP協会」のほうが出題範囲が広いね…
「FP協会」のほうが難しのかな?

いや、そんなわけじゃないよ。

「FP協会」は「広く浅く」で、きんざいは「せまく深く」という傾向があるだけだよ。

FP3級の「きんざい(金財)」と「FP協会」の受験料の違いは?

FP3級の「きんざい(金財)」と「FP協会」の試験料金は同じです。

受験料は学科が3,000円、実技が3,000円の合計6,000円です。

FP3級の「きんざい(金財)」と「FP協会」の日程の違いは?

FP3級の「きんざい(金財)」と「FP協会」の日程は同じです。

5月、9月、1月の年3回試験が実施されます。

FP3級の「きんざい(金財)」と「FP協会」の合格率の違いは?

FP3級の「きんざい(金財)」と「FP協会」で合格率に違いはあるのかな?

実は「きんざい(金財)」と「FP協会」で合格率に違いは結構あるんだよ。
2018年1月から2019年9月までの合格率の平均を見てみよう。
【きんざい】2018年1月から2019年9月までの合格率の平均
・学科試験:57%
・実技試験(個人資産):58%
・実技試験(保険顧客):40%
【FP協会】2018年1月から2019年9月までの合格率の平均
・学科試験:77%
・実技試験(資産設計):86%

「きんざい」の合格率は低いね…
30%くらい合格率が低いんだ。

これの理由は

・「きんざい」の問題の難易度が高い
・「FP協会」の受験者のレベルが高い

の2つが考えられるね。

過去のデータから考えると「きんざい(金財)」のほうが難易度は高そうですね。

FP3級の「きんざい(金財)」と「FP協会」はどっちを受けたほうが良い?

FP3級の「きんざい(金財)」と「FP協会」はどっちを受けたほうが良いのでしょうか?

特にこだわりがなければ「FP協会」のほうを受ければ良いです。

理由はこちら(^^)

「FP協会」のFP3級試験を受けたほうが良い理由
・「FP協会」のほうが難易度が低い
・お金の知識を幅広く学べる

僕自身、FP3級の資格をお仕事で使うわけではなく、お金のことを勉強したいという気持ちがありました。

ですので「FP3級」のほうがお金のことを幅広く学べると思い、「FP協会」のFP3級試験を受けることにしました。

あなたも迷ったら「FP協会」のほうを受ければ問題なしです。

まとめ

最後にまとめておきます。

FP3級の「きんざい(金財)」と「FP協会」の違い
・学科試験の問題は同じ
・実技試験は「きんざい(金財)」と「FP協会」で違う
・「きんざい(金財)」のほうが難易度は高い
・「きんざい(金財)」の出題傾向は「せまく深く」
・「FP協会」の出題傾向は「広く浅く」

個人的にはFP3級試験を受けるなら「FP協会」のほうがオススメですよ(^^)

また別記事で「FP3級を勉強するメリットを7個」ご紹介していますので、合わせてお読みください。

【おすすめ】FP3級の資格を勉強するメリット7選!「お金の知識」は身につけてたほうがいい話 【おすすめ】FP3級の資格を勉強するメリット7選!「お金の知識」は身につけてたほうがいい話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です