Githubアカウント作成とSourceTreeと連携する方法を初心者向けに解説!

Githubアカウント作成とSourceTreeと連携する方法を初心者向けに解説!

今回は

  • GitHubアカウントの作り方
  • GitHubとSourceTreeの連携方法

をGitHub初心者に向けて、画像多めで分かりやすく解説しています。

GitHubとは

GitHubとはなにができる?
・自分が書いたコードをチームや世の中に提案できる

・プログラムのコードをレビューし合える

・SNSをするようにコミュニケーションしながら開発ができる

・他の人が書いたソースコードを見ることができる

このようなことができるWebサービスです。

今回はGitやGitHubを便利に使えるツールである「SourceTree」を使っています。

SourceTreeをインストールしていない人は、別記事の【初心者向け】Gitの始め方・登録方法と基本的な使い方を徹底解説!を参考にしてみてください。
【初心者向け】Gitの始め方・登録方法と基本的な使い方を徹底解説! とても簡単で便利なツールなので、お試しあれ。

GitHubアカウントの作り方

それではまず、GitHubアカウントを作成するところから始めてみましょう。

  • STEP.1
    GitHubの公式サイトにアクセスして、ユーザネーム、メールアドレス、パスワードを登録
  • STEP.2
    認証を行い、「Join a free plan」をクリック
    GitHubの始め方

    GitHubの始め方


  • STEP.3
    GitHubを使う目的を選択し、「Complete setup」をクリック
    任意の入力なので、選択しなくても大丈夫です。
    「英語で書かれてるから分かんねぇぇえ」という人も無視で!
    GitHubの始め方

    GitHubの始め方


  • STEP.4
    登録したメールアドレスにGitHubからメールが届くので、「Verify email address」をクリック
    GitHubの始め方

  • STEP.5
    これでGitHubアカウントの完成です!
    GitHubアカウントの作成方法

GitHubのアカウントを作ることができましたか?

GitHubには無料プランと有料プランがあります。

GitHubのプラン
【Unlimited public repositories for free】
・公開リポジトリを無制限に作ることができる
・無料

【Unlimited private repositories for$7/month】
・公開リポジトリと非公開リポジトリを無制限に作ることができる
・有料(月額7ドル)

最初は無料のプランで全然大丈夫です。

非公開リポジトリを作る必要が出てきたら、有料を検討するようにしてみてくださいね。

それでは次にGitHubアカウントとSourceTreeを連携させてみましょう。

GitHubとSourceTreeアカウントを連携する方法

  • STEP.1
    Source Treeでリモートを選択し、「接続しています」をクリック
    GitHubとSourceTreeとの連携の方法

  • STEP.2
    左下の「追加」をクリック
    SourceTreeとGitHubとの紐付け方

  • STEP.3
    認証方法を「Basic」、ユーザー名とパスワードにGitHubで登録した情報を入力する
    GitHubとSourceTreeの連携のやり方

  • STEP.4
    Source TreeとGitHubの連携が完了!
    GitHubとSourceTreeとの連携の方法

    GitHubとSourceTreeとの連携の方法


できましたでしょうか?

それでは次の記事から、GitHubとSourceTreeを使って

  • GitHubでリポジトリを作成する方法
  • GitHubでSourceTreeを使ってクローンする方法
  • GitHubでフォークしてクローンするやり方

を解説していきます。

「フォーク?クローン?食事のお話…?」

という人は、こちらのGithubのリポジトリ作成とフォーク・クローンのやり方を解説!をチェックしてみてください。

Githubのリポジトリ作成とフォーク・クローンのやり方を解説!Githubのリポジトリ作成とフォーク・クローンのやり方を解説!

GitHubの基本的な操作を分かりやすく解説していますので、マスターしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です