Githubのリポジトリ作成とフォーク・クローンのやり方を解説!

Githubのリポジトリ作成とフォーク・クローンのやり方を解説!

今回は

  • GitHubでリポジトリを作成する方法
  • GitHubからクローンする方法
  • GitHubでフォークしてクローンする方法

を画像多めで丁寧に解説しています。

GitHubのリポジトリ・クローン・フォークとは、このような意味です。

GitHubのリポジトリとフォークとクローン
・リポジトリ:過去の状態を記録できる倉庫みたいなもの

・クローン:GitHub上にあるリポジトリをローカル(自分のPC)にコピーできる機能のこと

・フォーク:他人がGitHub上で公開しているリポジトリを、GitHubの自分のアカウントにコピーできる機能のこと

「GitHubアカウントを持っていない…」

という人は、別記事のGithubアカウント作成とSourceTreeと連携する方法を初心者向けに解説!を参考にしてみてください。
Githubアカウント作成とSourceTreeと連携する方法を初心者向けに解説!Githubアカウント作成とSourceTreeと連携する方法を初心者向けに解説!

GitHubでリポジトリを作成する方法

一応ですが

「リポジトリってなんだっけ?」

という人に説明しておきます。

レポジトリとは?
・過去の状態を記録できる倉庫みたいなもの
これからGitHubを使って作業をしていくときに

「過去の状態に戻したいな〜。」

というときは、このリポジトリからデータがひっぱってこられます。

そのリポジトリをGitHub上で作ってみましょう。

  • STEP.1
    左側にある「Create repository」をクリック
    GitHubでレポジトリを作成する方法

  • STEP.2
    リポジトリ名を入力し、「Public」を選択する
    ここではとりあえず、READMEファイルをリポジトリに含めておきましょう。
    「Add a README file」にチェックを入れます。
    GitHubでレポジトリを作る方法

  • STEP.3
    これでリポジトリが完成です!
    GitHubでリポジトリを作る方法
この作ったリポジトリの中に作業するファイルなどを置くことで、チームで開発したり作業するときに共有できます。

イメージとしてはこんな感じ!

GitとGitHubの違いについて

例えば

  • Aさんがファイルを編集をして、その編集内容をGitHubのリポジトリにあるファイルに反映させる
  • そのファイルをBさんがGitHubのリポジトリから持ってきて、Aさんのファイルに編集された内容を取り込む
  • またはBさんが編集した内容を、AさんがGitHubから持ってきてAさんのファイルに編集内容を取り込む

このようにGitHubのファイルはどんどん最新化されるため、チームメンバー間でファイルの状態が統一されるため、開発や作業がとてもしやすいこともGitHubの魅力ですね!

GitHubでSourceTreeを使ってクローンする方法

それでは次にGitHubのリポジトリをクローンする方法を説明します。

クローンとは

クローンとは?
・リモートリポジトリをローカルにコピーできる機能のこと
です。

つまり、GitHubのようなWeb上にあるファイルを自分のPCにダウンロードするということですね。

今回は「SourceTree」という便利なツールを使ってGitHubからリポジトリをクローンします。

「SourceTreeってなに?」

という人は、別記事の【初心者向け】Gitの始め方・登録方法と基本的な使い方を徹底解説!でSourceTreeの特徴やインストール方法を解説していますのでチェックしてください。
【初心者向け】Gitの始め方・登録方法と基本的な使い方を徹底解説! SourceTreeはターミナルやコマンドを使わなくても、GitやGitHubを直感的に使うことができるのでとても便利です。

SourceTreeが用意できたら、GitHubからリポジトリをクローンする方法を見ていきましょう。

  • STEP.1
    SourceTreeの新規から「URLをクローン」をクリック
    SourceTreeでGitHubをクローンする方法

  • STEP.2
    先ほど作ったリポジトリのURLを貼り付ける
    GitHubでSourceTreeを使ってクローンする方法

    URLはGitHubのページで先ほど作ったリポジトリのページのURLを取得するか、Codeボタンを押して表示されるURLから取得してください。

    GitHubでクローンするURLの取得方法

  • STEP.3
    SourceTreeにクローンしたリポジトリが表示される
    SourceTreeで作ったリポジトリをクローンする方法

  • STEP.4
    クローンしたファイルを見るためには、メニューバーの操作から「Finderで表示」をクリック
    GitHubでSourceTreeを使ってレポジトリをクローンする方法

  • STEP.5
    クローンしたファイルがあることを確認
    SourceTreeで作ったリポジトリをクローンする方法

GitHubでフォークしてクローンする方法

それでは次にGitHubで「フォーク」をしてみましょう。

フォークとは

フォークとは?
・他人が公開しているリモートリポジトリを、GitHubの自分のアカウントにコピーできる機能のこと
です。

イメージとしてはこんな感じ!

GitHubでフォークしてクローンする方法

他の人が公開しているリポジトリが欲しい!と思ったら、そのリポジトリを「フォーク」して自分のGitHubのアカウントにコピーしてきます。

そしてコピーしてきたリポジトリをローカル(自分のPC)にダウンロードしてくる作業を「クローン」と言います。

それではGitHubでフォークしてクローンする方法を見ていきましょう。

  • STEP.1
    左上の検索窓で適当に検索して、他人が公開しているリポジトリをクリック
    GitHubでフォークしてクローンする方法

  • STEP.2
    右のForkをクリック
    GitHubでフォークしてクローンする方法

  • STEP.3
    自分のアカウントにフォークしたリポジトリがあることを確認
    GitHubでフォークしてクローンする方法

  • STEP.4
    SourceTreeでフォークしたリポジトリをクローンする
    SourceTreeでGitHubのリポジトリをフォークしてクローンする方法

  • STEP.5
    SourceTreeのローカルリポジトリにクローンしたリポジトリがあることを確認
    SourceTreeでGitHubのリポジトリをフォークしてクローンする方法

    SourceTreeでGitHubのリポジトリをフォークしてクローンする方法


まとめ

お疲れ様でした。最後にまとめておきます。

GitHubのリポジトリとクローンとフォーク
・リポジトリ:過去の状態を記録できる倉庫みたいなもの

・クローン:リモートリポジトリをローカルにコピーできる機能のこと

・フォーク:他人が公開しているリモートリポジトリを、GitHubの自分のアカウントにコピーできる機能のこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です