SourceTreeを使ってGitHubのプッシュとプルをする方法

SourceTreeを使ってGitHubのプッシュとプルをする方法

今回は

  • GitHubでプッシュする方法
  • GitHubでプルする方法

を画像多めで分かりやすく解説しています。

「プッシュ?プル?それってなに?」

プッシュとプルの意味はこうです。

GitHubのプッシュとは?プルとは?
【プッシュ】
ローカルリポジトリでファイルに追加・修正した内容をGitHubのリモートリポジトリに反映させること

【プル】
GitHub上にあるリモートリポジトリに反映されている追加・修正をローカルリポジトリに反映させること

プッシュとプルのイメージとしてはこんな感じ!

GitHubのプルとは?プッシュとは?

この記事では「SourceTree」という便利なツールを使ってGitHubにプッシュやプルをする方法を解説しています。

「SourceTreeをインストールしていない、SourceTreeの使い方が分からない」

という人は、別記事の【初心者向け】Gitの始め方・登録方法と基本的な使い方を徹底解説!を参考にしてみてください。
【初心者向け】Gitの始め方・登録方法と基本的な使い方を徹底解説!

「GitHubアカウントを持っていない、クローンやフォークが分からない」

という人は、こちらの2つの記事が参考になるかと。
Githubアカウント作成とSourceTreeと連携する方法を初心者向けに解説!Githubアカウント作成とSourceTreeと連携する方法を初心者向けに解説! Githubのリポジトリ作成とフォーク・クローンのやり方を解説!Githubのリポジトリ作成とフォーク・クローンのやり方を解説!

準備OKな人は、早速始めていきましょう!

SourceTreeを使ってGitHubのプル・プッシュをする方法

今回はこちらのような流れでプルとプッシュをしています。

GitHubのプッシュとプルをする流れ
【事前準備】
①GitHub上でリモートリポジトリを作成
②作ったリモートリポジトリをSourceTreeでクローン
③作成されたローカルリポジトリにテキストファイルを置く

【プッシュ】
④SourceTreeを使ってGitHubのリモートリポジトリにプッシュ

【事前準備】
⑤GitHub上のリモートリポジトリにあるテキストファイルを、GitHub上で編集

【プル】
⑥GitHub上のリモートリポジトリにあるテキストファイルをプル

つまり

「プルとプッシュを使ってローカルリポジトリとリモートリポジトリの状態を一緒にしたい」

ということをやっています。

プルするための事前準備として行う

「⑤GitHub上のリモートリポジトリにあるテキストファイルを、GitHub上で編集」

ですが、通常はこのようなことはあまりしません。

本来は他の人が修正した最新のファイルをローカルリポジトリに持ってくるので、このような事前準備は必要ないです。
(今回は1人でプッシュやプルをやっているので、仕方なくやってると思ってください)

それでは具体的な方法を見ていきましょう!

  • 事前準備.1
    GitHub上で新しいリモートリポジトリを作成
    GitHubのリモートリポジトリの作り方

  • 事前準備.2
    リポジトリ名を入力し、「Create Repository」をクリック
    GitHubでリモートリポジトリを作成する方法

  • 事前準備.3
    リモートリポジトリが作成されていることを確認
    GitHubでリモートリポジトリを作成する方法

  • 事前準備.4
    SourceTreeで先ほど作ったリポジトリをクローン
    SourceTreeを使ってGitHubで作成したリモートリポジトリをクローン

    SourceTreeを使ってGitHubで作成したリモートリポジトリをクローン


  • 事前準備.5
    リポジトリがクローンできていることを確認
    SourceTreeを使ってGitHubで作成したリモートリポジトリをクローン

  • 事前準備.6
    そのリポジトリのフォルダを開き、新規ファイルを置く
    SourceTreeを使ってGitHubで作成したリモートリポジトリをクローン

    SourceTreeを使ってGitHubで作成したリモートリポジトリをクローン


  • 事前準備.7
    SourceTree上で新しく作ったファイルをステージしてコミットボタンをクリック
    SourceTreeでステージしてコミット

  • 事前準備.8
    コミットログを残して、コミットボタンをクリック
    SourceTreeでステージしてコミット

  • 事前準備.9
    コミットされていることを確認
    SourceTreeでステージしてコミット

  • プッシュ.1
    SourceTreeのリモートのoriginを右クリックし、「Originにプッシュ」をクリック
    SourceTreeを使ってGitHubのリポジトリにプッシュ

  • プッシュ.2
    プッシュ対象にチェックを入れて、OKボタンをクリック
    SourceTreeを使ってGitHubのリポジトリにプッシュ

  • プッシュ.3
    GitHubのリモートリポジトリにローカル(自分のPC)で作成したテキストファイルがあることを確認。その後、test.txtをクリック
    これでプッシュが完了です!
    SourceTreeを使ってGitHubのリポジトリにプッシュ

  • 事前準備.10
    編集ボタンをクリック
    GitHub上でファイルを編集する方法

  • 事前準備.11
    ファイルを編集し、GitHub上でコミット
    GitHub上でファイルを編集する方法

    GitHub上でファイルを編集する方法


  • プル.1
    SourceTree上でプルボタンをクリック
    SourceTreeを使ってGitHubからプルする方法

    SourceTreeを使ってGitHubからプルする方法


  • プル.2
    GitHub上で編集したファイルがプルされ、ローカル(自分のPC)のファイルにも変更が反映されていることを確認
    SourceTreeを使ってGitHubからプルする方法

    SourceTreeを使ってGitHubからプルする方法


まとめ

お疲れ様でした。最後にまとめておきます。

GitHubのプッシュとは?プルとは?
【プッシュ】
ローカルリポジトリでファイルに追加・修正した内容をGitHubのリモートリポジトリに反映させること

【プル】
GitHub上にあるリモートリポジトリに反映されている追加・修正をローカルリポジトリに反映させること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です