ハゲタカ1話のあらすじとネタバレと感想!2018年夏ドラマで一番面白い!

ハゲタカの綾野剛がかっこいい!

2018年夏ドラマで期待度NO1の「ハゲタカ」が始まりましたね!こういうお金が絡んだドラマは個人的に大好きです(半沢直樹とか)。主人公演じる綾野剛さんにも期待が高まりますね(゚∀゚)

ここでは、ハゲタカ1話のあらすじとネタバレ、感想をご紹介していますのでお付き合いくださいませ!

ハゲタカ1話のあらすじ

話の舞台はバブル崩壊後の1997年。経済的な危機に陥った日本の金融業界は、銀行も膨大な不良債権(回収できない債権のこと)を抱え、生きるか死ぬかの瀬戸際にあった。

そんな中、大手銀行のひとつである三葉銀行は不良債権を投資会社にまとめ売りするバルクセールを実施。バスクセールを行うのは日本初で、担当は三葉銀行の資産流動化開発室室長の芝野健夫(渡部篤郎)であった。

ハゲタカ1話のあらすじ

出典:TVer

その投資会社ホライズンジャパンの社長が鷲津政彦(綾野剛)で、バルクセールの交渉で2人は対面する。

ハゲタカの綾野剛がかっこいい!

出典:TVer

簿価総額(資産の総額)は723億6458万円で、芝野は「最低でも300万円で買い取って欲しい」と鷲津に申し出る。しかし、鷲津は「誠心誠意、丁寧な査定をさせて頂きます」と返答し、その態度に芝野は不安を抱いていた。次の交渉は4週間後である。

さて、この後はネタバレですのでお気をつけください。

ハゲタカ1話のネタバレ

バルクセールの交渉が終わった後、鷲津率いるホライズンジャパンは銀行から提案された案件(会社や旅館、商業施設など)を徹底的に調べ始める。ホライズンジャパンは、企業買収のプロフェッショナル集団であり、数字だけでは分からない部分も現場に行って入念に調査する。

そして4週間後、バルクセール2回目の交渉が始まる。

ハゲタカ2話のネタバレ!

出典:TVer

ホライズンジャパンが銀行に提案した買取価格は65億8743万円であり、銀行がお願いした最低300億円よりも遥かに下回る数字であった。内訳を見ると、大量の買取価格1円という数字が並んでおり、銀行側は激怒する。鷲津は銀行に向かって「これが適切な査定額です」と言い放つ。銀行が提案してきた案件が1円な理由を淡々と説明し、銀行側は手も足も出ない。

それもそのはずで、銀行側はバルクセールの案件に危ない案件を入れており、鷲津は全て調べあげていた。銀行が危ない案件を入れた理由は、リスクが少なかったからである。バルクセールの案件は、秘密保持契約を結ぶので情報が外に漏れることは絶対にない。なので、危ない案件がバレても信用は落ちないし、バレなかったらラッキーということになる。

ホライズンジャパンは、三葉銀行に感謝の意を込めて買取価格に若干の上乗せをすると言う。買取価格は72億3646万円であった。しかし、バルクセールにかかる諸経費は8億9450万円と結果的に三葉銀行の手取りは63億4196万円となった。天下の三葉銀行が、手の平で転がされ芝野はひどく落ち込む。

場面は変わり、ホライズンジャパンが日本を代表する料亭金色庵の不良債権回収を行っていた。

ハゲタカ1話のネタバレを徹底解説!

出典:TVer

金色庵は三葉銀行の顧客だったが、バルクセールでホライズンジャパンが管理することになっていた。ホライズンジャパンの不良債権回収方法は2つと説明する。

不良債権回収方法

  • 毎月の返済額を滞りなく支払う
  • 213億円の返済額を一括で支払う

いきなりの話で金色庵の社長は怒るが、ホライズンジャパンはあることを提案する。それは「2週間以内に20億払えば、金色庵の債権を手放す」ということであった。それさえ出来れば、213億円の負債が消えることになるので、金色庵の社長は希望があると思っていた。

場面は変わり、三葉銀行の役員会議で次回のバルクセールの話し合いが行われていた。

ハゲタカ1話が面白い!

出典:TVer

次回のバルクセールの取引額は1800億と前回より遥かに大きい数字だ。今度は競争入札の方式を取ることを芝野は提案した。しかし、上司の飯島常務にオークション方式でやるように言われる。飯島常務いわく「1円でも高い方がええ」と言われ、芝野は違法行為と忠告する。しかし、飯島常務は「お前は三葉の人間や。三葉のためだけに働け」と言われる。

場面は変わり、鷲津と金色庵社長があるホテルで対面するシーン。

ハゲタカ1話のネタバレ!

出典:TVer

金色庵社長は2週間の期限を守れなかったため、自社の債権を売られてしまう。勝手に債権を売られたため、金色庵社長は鷲津に「ふざけるな!」と激怒するが、鷲津はその言い分を「日本をここまで腐らせたのは、あんたのような経営者だ!」と一蹴する。

場面は変わり、芝野と飯島常務が大蔵省に呼び出しされるシーン。

ハゲタカ1話のネタバレ!

出典:TVer

呼ばれた理由は、オークション方式をやめることを忠告するためである。実は、ホライズンジャパンが大蔵省に手を回していた。その結果、三葉銀行は制限時間付きの一発入札方式を採用した。一発入札方式とは、バルクセールの買取価格を紙に書き、三葉銀行に提出する方式である。

制限時間ギリギリになり、各投資会社が提出していく中、ホライズンジャパンはなかなか動かない。そんな中、鷲津に1本の電話が入る。それを機に、ホライズンジャパンも三葉銀行に提出する。

ギリギリに入札したにも関わらず、入札金額が1番高いのはホライズンジャパンであった。しかし、気になる点として1位と2位の金額の差が僅差であった。そう、三葉銀行の行員が一瞬のスキを突いて、2位の入札金額をホライズンジャパンに伝えていた。ホライズンジャパンがギリギリになったのは、この行員が入札金額を知るタイミングを計らっていたためである。

ハゲタカ1話の感想

結構難しい金融用語がたくさんあって、ネタバレ書くのも一苦労でした(^^;)まだ、1話なので今後の展開がまるで読めないなという印象です。一体、鷲津は何を企んでいて三葉銀行はどうなっていくのかが気になるところです。

また、主題歌がミスチルの「SINGLES」だったので、ミスチルファンからしたらたまりませんでした!

まとめ

いかがでしたでしょうか?第2話も放送され次第、ご紹介しますのでお楽しみに♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です