かんたんな部屋の寒さ対策まとめ〜場所別のおすすめ方法〜


寒い冬がやってきましたね。
この季節になると部屋の寒さが気になる人も多いのではないでしょうか?

ここではかんたんな部屋の寒さ対策を場所別にまとめていますので、ご参考にどうぞ。

【前提】部屋の暖かい空気が逃げるのはどこから?

まず知ってほしいことが、部屋の暖かい空気はどこから逃げるのかということです。
ある調査によると、このような割合で熱が逃げていきます。

  • 窓  58%
  • 外壁 15%
  • 換気 15%
  • 床  7%
  • 屋根 5%


このことから部屋の暖かい空気は、窓から暖かい空気が逃げていることが分かります。
冬に部屋の窓の近くに行ったら、その温度差が分かるかと思います。
ですので部屋が寒いと思ったら窓から寒さ対策をしていくようにしましょう。

1.窓の寒さ対策と原因を解説

部屋が寒い原因の60%を占めている窓ですが、なぜ寒くなるのか知っていますしょうか?
その理由はこちらです。

  • 窓の近くではコールドドラフト現象が起きやすいから
  • 窓からすきま風がもれているから


コールドドラフト現象とは、部屋の暖かい空気が冷たい窓に触れることで、寒い空気に変わってしまうことです。

空気は循環しているため、窓に触れる度に空気が寒くなります。
そのため部屋が暖まりづらくなるんです。


窓の寒さ対策は大きく5つです。

  1. 断熱素材の物を窓に貼る
  2. 断熱素材のカーテンにする
  3. 窓のサッシのスキマをうめる
  4. 窓とカーテンの隙間を埋める
  5. 窓下専用ヒーターを使う


窓の寒さ対策はこちらの記事に詳しくまとめてますので、気になる人はご覧になってみてくださいね。
窓の寒さ対策をおしゃれに出来る簡単おすすめ方法7つ厳選!窓の寒さ対策をおしゃれに出来る簡単おすすめ方法7つ厳選!

2.寒さ対策で部屋の壁に効果的な方法は?

部屋が寒い原因の第2位は壁です。
しかし現在は賃貸でも壁に断熱材が入っているため、窓や床に比べると直接的な寒さの原因ではないと思います。
また壁を全て対策しようとすると、お金がかかってしまうので厳しいですよね。

そこで壁にはピンポイントな寒さ対策を行うようにしましょう。
その方法はこちらです。

  1. 家具と壁の間に段ボール(発泡スチロールでも可)をはさむ
  2. 寒さが気になる壁にプラダンを貼る


壁の寒さ対策で1番簡単な方法が、家具と壁の間に段ボールをはさむことです。
段ボールをはさむことで壁との間に空気の層ができるため、部屋の暖かい空気を保ちやすくなります。
発泡スチロールを使っても大丈夫なので、試してみてくださいね。

それでも寒さが気になるようでしたら、寒壁にプラダン(プラスチック段ボール)を貼るのがいいでしょう。
プラダンは断熱性が高いので、部屋の暖かい空気をキープしてくれます。
また値段も安くオシャレなので、壁に貼っても違和感がありません。
プラダンが気になる人はご覧になってみてくださいね。

プラダンを貼るときは、跡が残らないように養生テープを使うようにしてくださいね。

3.寒さ対策で部屋の床を改善する方法は?

床は直接足が触れる場所なので、特に寒さを感じやすいです。
まず前提として、スリッパや靴下ははくようにしてくださいね。
それを踏まえて、床の寒さ対策はこちらです。

POINT

・カーペットの下にアルミホイルを敷く

・部屋の上に向かってサーキュレーターで風を送る

・コルクマットを敷く

・ホットカーペットを買う

お金をかけたくないのであれば、「カーペットの下にアルミホイルを敷く」「部屋の上に向かってサーキュレーターで風を送る」がおすすめです。

まず今使っているカーペットの裏側に、アルミホイルをしいてみましょう。
これをすることで床からの冷気を抑えてくれるため、カーペットの生地が薄くて寒いという人にはいいですね。
段ボールやプチプチシート、市販の断熱シートでも代わりになります。

次に「部屋の上に向かってサーキュレーターで風を送る」は、部屋の上にたまっている暖かい空気を下に送りこむ効果があります。
なので扇風機やサーキュレーターで部屋の上に風を送るようにしましょう。

ここからは床の寒さ対策をもっとしたい人向けです。

床への寒さ対策を万全にしたい人はコルクマットを敷いてみてはいかがでしょうか。
コルクは足に優しく・滑りにくく・暖かいというメリットがあります。
また水を蒸発しやすいという特徴もありますので、カーペットの裏側のカビ防止にもつながりますね。

4.玄関ドアの寒さ対策で簡単な方法は?

玄関ドア付近が寒い理由は3つです。

POINT

・ドアの耐熱性能が低い

・ドアの隙間から冷気が入っている

・ドアポストの隙間から冷気が入っている

賃貸アパートやマンションに多いですが、ドアの断熱性能が低いことがあります。
断熱性能が低いと、部屋の暖かい空気がドアに触れたときに冷たい空気に変わり、部屋がなかなか暖まってくれません。
ですのでドア自体の耐熱性能を高めてあげたり、ドアと部屋の間に仕切りを作ってあげることが大切です。

玄関ドアの寒さ対策はこちらの記事に詳しくまとめていますので、ご参考ください。
寒さ対策を玄関ドア周りにして劇的に改善する方法5選【賃貸マンション編】寒さ対策を玄関ドア周りにして劇的に改善する方法5選【賃貸マンション編】

5.冬場の癒しであるお風呂・浴室の寒さ対策は?

冬は温かいお風呂に入るのが幸せですよね。
ただお風呂の入り始めは寒くて嫌だという人も多いです。

そんなお風呂の寒さ対策で効果的な方法は4つあります。

POINT

・お風呂の窓の断熱性を上げる、すきまを埋める

・お風呂の床に断熱性の物を敷く

・お湯をためるとき熱めのシャワーを使う

・脱衣所に暖房器具を置いて、浴室に暖かい空気を流しこむ

お風呂場の寒さ対策はこちらの記事に詳しくまとめていますので、ご覧になってみてくださいね。
かんたんなお風呂・浴室の寒さ対策〜窓と床タイルを改善してみよう〜かんたんなお風呂・浴室の寒さ対策〜窓と床タイルを改善してみよう〜

まとめ

リビングや寝室、お風呂などの全ての部屋で、窓と床の寒さ対策をしてあげるのが効果的です。
そのために断熱性能を高める工夫をしたり、すきま風を埋める工夫が必要となりますので、ここでご紹介した方法をお試しくださいね。

こちらの記事で寒さ対策を100コまとめてるので、あわせてご覧になってみてください。

【厳選】寒さ対策のグッズや方法のおすすめ50選