子供の日焼け止めで安全なおすすめ3選!意外と知らない正しい落とし方は?

子供の日焼け止めで安全なおすすめ3選!意外と知らない正しい落とし方は?

これから夏になると、小さい子供がいるママは子供の日焼けが気になりますよね。
最近は紫外線量も増えてきていて、将来的なリスクを心配される人も多いです。

ただ子供の日焼け止めは「安全で肌に優しいものを使いたい!」と思う人も多いはず。

というわけで今回は子供の日焼け止めで安全なおすすめを3コご紹介します。
また意外と知らない日焼け止めの正しい落とし方もまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

【前提】子供の日焼けにはどんな影響があるの?

今は昔と比べて、紫外線量が増えてきています。
紫外線を浴び続けると、皮膚ガンになるリスクも高まるので注意が必要ですね。

また子供の肌は大人の半分くらいの薄さなので、バリア機能がものすごく弱いです。

子供は肌が薄いので紫外線の影響をものすごく受けてしまい、ソバカスや肌荒れを起こす可能性があります。

なので今の時代は子供にも日焼け対策は必要ですよ。


ただ、全く紫外線に当てないほうが良いわけでもありません。
太陽光の紫外線に当たらないと、ビタミンDが体で作られずカルシウムの吸収が悪くなり骨の発育が良くないです。
なので紫外線に適度に当たることも必要ということを覚えていてくださいね。

子供の日焼け止めの選び方でポイントは3つ!

子供の日焼け止めを選ぶときに気にするポイントは3つです。

子供の日焼け止めの選び方

1. SPFとPA

2. 紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

3. 日焼け止めのタイプ

それでは順番に解説していきます。

1. SPFとPAは低めの日焼け止めを選ぼう

日焼け止めを見ると必ず書いてあるのが「SPF」と「PA」です。

SPFとPAの違いをかんたんに説明すると、こちらになります。

SPFとPAの違いは?

・SPFとは?

SPFとは「Sun Protection Factor」の略です。

赤く日焼けしてしまうまでの時間を遅らせる働きがあります。

SPFの最大は「SPF50+」です。

・PAとは?

PAとは「Protection Grade of UVA」です。

黒く日焼けするのを防ぐ働きがあります。

PAの最大は「PA++++」です。

SPFとPAの数値は高ければ高いほど良いというわけではありません。
SPF・PAが高すぎると肌荒れや乾燥の原因にもなりますので、ご注意ください。

子供の日焼け止めであれば、SPFは15〜20くらいのものを使うことがおすすめです。
そしてアウトドアなどをするときは、SPF30の日焼け止めを使い、PAのレベルが高いものを使うようにしましょう。

2. 紫外線散乱剤(ノンケミカル)の日焼け止めを使おう

紫外線を防ぐための成分は2つあり、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」です。

かんたんに違いを説明すると、こちらになります。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いは?

・紫外線吸収剤とは?

紫外線を熱エネルギーなどに変換することで、紫外線の影響を防ぎます。

肌への刺激が強いため、子供には不向きです。

「ケミカル」と呼ばれることもあります。

・紫外線散乱剤とは?

紫外線を反射させて拡散し、肌への侵入を防ぎます。

紫外線吸収剤に比べると、低刺激で肌の負担が少なく子供にはおすすめです。

「ノンケミカル」と呼ばれることもあります。

子供の日焼け止めを選ぶときは、紫外線散乱剤(ノンケミカル)のものを選ぶようにしてくださいね。

そうすることで、日焼け止めを塗る肌への負担が減るので、敏感な子供の肌でも安心して使えますよ。

3. 日焼け止めのタイプは子供が嫌がらないものを使おう

最近はジェル状やミルクローションタイプ、スプレータイプなどのさまざまなタイプの日焼け止めがありますよね。

ただ子供は日焼け止めのベタベタ感や臭いが苦手で、嫌がる子も多いです。
なので伸びがよくサラッと塗れる日焼け止めや、スプレータイプの日焼け止めを選ぶようにするのがおすすめです。

子供の日焼け止めで安全なおすすめ3選!

それでは子供の肌に優しい安全な日焼け止めを3コご紹介していきますので、チェックしてみてくださいね。

1. MAM&BABY

まず1つ目が「MAM&BABY」です。
MAM&BABYのポイントはこちらになります。

MAM&BABYのポイント

・SPF:17.7

・PA:PA++

・合成の紫外線吸収剤、紫外線散乱剤は使っていない

・自然原料である「MAAS」配合のみで紫外線をカット

・UVミルクタイプでさらっと塗れる

お肌の負担が少ない紫外線散乱剤すらも使っておらず、天然成分100%の日焼け止めです。

アトピーや敏感肌の化粧品を長く開発してきた皮膚科医と共同開発した日焼け止めなので、安全性は抜群ですね。

MAM&BABYはAmazonや楽天でも購入することができますが、公式サイトではお試しが980円であります。
なので「1回お試しがしたい!」という人は、公式サイトから購入してみてくださいね。


2. Angel UV Spray

次にご紹介するのが「Angel UV Spray」です。
Angel UV Sprayのポイントはこちらになります。

Angel UV Sprayのポイント

・SPF:35

・PA:PA++

・紫外線吸収剤、合成香料、着色料、アルコールなどを一切使っていない

・ノンケミカルで低刺激に紫外線をカット

・スプレータイプなので、子供が嫌がりにくい

ファムズベビーのAngel UV Sprayは、お肌の負担になる紫外線吸収剤、合成香料、着色料、パラベン、アルコールを一切使っていないUVケアです。

SPFは少し高めですが、そのぶん子供にも安心な成分を使っているので、アウトドアなどの紫外線が強いときに使うのがおすすめです。

Angel UV Sprayは楽天で購入することができますが、公式サイトは2本以上購入で送料無料や5本以上買うと1本おまけがありますので、まとめ買いする人は公式サイトで購入してみてください。


3. アロベビー UV&アウトドアミスト

最後にご紹介するのが「アロベビー UV&アウトドアミスト」です。
アロベビー UV&アウトドアミストのポイントはこちらになります。

アロベビー UV&アウトドアミストのポイント

・SPF:15

・PA:PA++

・100&天然由来・国産オーガニック成分を使用

・UVケアだけではなく、虫よけ対策もできる

・ミストタイプなので子供も嫌がらない

Amazonや楽天で第1位に輝くなど、大人気の子供用日焼け止めです。

SPFは15でお肌の負担も低いだけではなく、虫よけ対策もできるという1本で2役こなす優れものです。

アロベビー UV&アウトドアミストはAmazonや楽天でも購入することができますが、まとめ買いする場合は公式サイトのほうが10〜15%オフなのでお得です。
また公式サイトは15日間の返金保障があり、単品でもAmazon・楽天と値段が変わらないので、公式サイトから購入するほうがおすすめですよ。


子供の日焼け止めの正しい落とし方は?

今回ご紹介した3つの日焼け止めは、どれも石鹸などでかんたんに落とすことはできます。
ただそれ以外の日焼け止めを子供に使っている場合は、なかなか日焼け止めが落ちにくいこともあるかと思います。

そんな人はこちらの日焼け止めの落とし方をお試しください。

日焼け止めの正しい落とし方

1. ベビー用のウェットティッシュタイプの日焼け止め落としシートでふく

2. お風呂で石鹸を泡立てて優しく落とす

先に日焼け止めを落とすシートでふいておくことで、顔を洗うときに日焼け止めがかんたんに落ちてくれます。

顔を洗うときはゴシゴシこするのではなく、泡立てて優しくなぞるように洗ってあげてくださいね。

まとめ

最後にまとめておきます。

日焼け止めの正しい落とし方

・SPFは10〜20、アウトドアをする場合はSPF30の日焼け止めが◎

・紫外線散乱剤(ノンケミカル)の日焼け止めを使うこと

・日焼け止めのタイプは、サラッと塗れるタイプかスプレータイプのものだと、子供が嫌がらない

・日焼け止めを落とすときは、専用のシートで拭いたあと、石鹸を泡立てて優しく洗う

また今回ご紹介したお肌に優しい安全な日焼け止めはこちらです。




子供は肌が敏感なため、お肌に優しい日焼け止めを使ってあげてくださいね。

また夏のおすすめ暑さ対策記事をこちらのページにまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

おすすめ暑さ対策のまとめはこちら