夏バテの症状をチェックしよう!原因と解消法のおすすめをご紹介

夏バテの症状をチェックしよう!原因と解消法のおすすめをご紹介

夏になり、暑くなってくると

毎日暑くて、体がだるい…。夏バテかな?

と思う人が多いのではないでしょうか?

ただ夏バテがどんな症状か知らない人は意外に多いです。

ここでは夏バテの症状をチェックする方法や、夏バテの原因とおすすめ解消方法をご紹介していますので、ご参考にしていただければです(^^)

夏バテの症状をチェックしてみよう

まずは夏バテの症状をチェックしていきましょう。

夏バテの症状のチェックリスト

・食欲がない

・頭痛がする

・吐き気がする

・お腹が痛い

・下痢が続く

・便秘が続く

・倦怠感(なんとなくだるい)

・思考力低下

・よく眠れない

夏バテの症状は体がだるいだけかと思ってたけど、ほかにもあるんだね。

でも、熱中症とはなにが違うの?


熱中症は脱水症状があるだけでなく、体の自律的なコントロールができない状態のことをいいます。
つまり体の一部が壊れている状態で、生命の危険があります。

人間には体温を維持する機能があり、健康な場合は汗をかいたりして体温を一定に保とうとします。
しかし、この機能が故障してしまうので体温が下がらず、腎機能が低下して死亡してしまうケースもあります。

熱中症のほうが危険度は高いってことね。

あと、夏バテは慢性的なものだけど、熱中症は急性的になる症状だね。

夏バテの症状の原因をわかりやすく解説

夏バテの原因は大きく2つあります。

夏バテの原因は?

・汗をかくことで水分やミネラルが不足し、血流が悪くなるから

・冷房の部屋で過ごすことが多いため、胃腸の血行不良が起こりやすくなるから

それでは順番に見ていきましょう。

汗をかくことで水分やミネラルが不足し、血流が悪くなる

汗をかくと水分やミネラルが不足し、血の流れが悪くなります。
血の流れが悪くなると、体の器官が十分な栄養や酸素を運ぶことや老廃物の回収が上手くできなくなります。

その結果、身体の防衛本能が「活発に動きすぎると無理がかかる」と反応して、だるさや不調につながっていってしまうわけですね。

冷房の部屋で過ごすことが多いため、胃腸の血行不良が起こりやすくなる

次の原因は、夏場になると冷たい物を飲んだり食べたり、エアコンがある部屋で過ごすことが多くなることが関係してきます。
このため体を冷やしがちになるので、胃腸の血行不良が起こります。

胃の機能が低下すると、食欲が無くなったり、腸の機能が低下して下痢や便秘を起こします。
また体温調節を上手くすることができず、自律神経が乱れて体調不良になるケースも多くあるので、気をつけないといけないですね。

夏バテ症状の解消法のおすすめ3選

「夏バテを早く解消したい…!」と悩んでいる人に向けて、おすすめの解消方法を3つご紹介します。
ぜひ、ご参考にしていただければと思います(^^)

1. こまめに水分補給をする

大人の場合は水分が1%不足すると「喉が乾く」という自覚があり、2%欠乏すると「強いのどの渇き」や「ぼんやりする」ようになってきます。
なので水分が不足しないよう、「のどが渇いた」と思う前にこまめな水分補給をするのが良いです。

水分補給をするときは、電解質が含まれた水だと効率よく水分補給をすることができます。

電解質とは?

細胞の浸透圧を調節したり、筋肉細胞や神経細胞の働きに関わるなど、体にとって重要な役割を果たしています。
電解質(イオン)には、ナトリウムやクロール、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどがあります。

ただの水ではなくて、電解質を多く含んでいる水のほうが、夏場には良いということですね。

電解質を多く含んでいる水だと、経口補水液オーエスワンなどが代表的でおすすめですよ。



気をつけないといけないことは、コーヒーやジュースなどはカフェインが多く含まれているので嗜好品として楽しむ分にはいいですが、水分補給を考えるならお水を飲むようにしてくださいね。

2. 体調管理をしっかりして自律神経を整える

夏バテになると自律神経が乱れていることが多いです。
なので、自律神経を整えるために、起きる時間や寝る時間がバラバラにならないようにしましょう。

また冷房を使う場合は、外との気温差が5、6度くらいになるように設定しておきましょう(27、28度くらいがベスト)。

冷房の温度設定は、27〜28度がベストですよ。

外との気温差を少なくすることで、寒暖差によるストレスが少なくなります。


最後に睡眠をしっかりとって体力を回復させるために、適度な運動をしたり半身浴をするのが大切です。
自律神経を整えたいのであれば、ヨガがおすすめです。
自宅で気軽に行うことができますし、YouTubeに参考動画がたくさん紹介されているので、お試しくださいね。

3. 夏バテの症状を食べ物で解消しよう

夏バテを解消するためには、食べ物も大切です。
夏バテ解消に効果がある栄養は、こちらです。

夏バテ解消に効果がある栄養

・ビタミンB1、B2

・クエン酸

・タンパク質

別記事で夏バテ解消に効果がある料理レシピをご紹介しています。

さっぱり系からスタミナ系まで、かんたんに作れて美味しい料理ばかりなので、あわせてチェックしてみてくださいね。


>>夏バテの料理のおすすめで美味しいもの6選!さっぱり系からスタミナ系までご紹介
夏バテの料理のおすすめで美味しいもの6選!さっぱり系からスタミナ系までご紹介夏バテの料理のおすすめで美味しいもの6選!さっぱり系からスタミナ系までご紹介

まとめ

最後にまとめておきます。

夏バテ解消に効果がある栄養

・夏バテの症状は体がだるいだけでなく、頭痛やお腹がゆるい、よく眠れないなどの症状がある

・夏バテの原因は水分が不足して、血の流れが悪くなること
 →経口補水液で水分補給すると◎

・夏バテの原因は冷房の部屋で過ごすことが多くなるため、胃腸の調子がおかしくなる
 →冷房の温度を27〜28度くらいに設定しておくと良い

・規則正しい生活を送って、自律神経を整えることも大切

・夏バテに効果がある栄養は、ビタミンB1、B2、クエン酸、タンパク質が◎

今回ご紹介した夏バテ解消方法が少しでもお役に立てればです(^^)

また夏のおすすめ暑さ対策記事をこちらのページにまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

おすすめ暑さ対策のまとめはこちら