夏バテの症状をチェックしよう!原因と解消法のおすすめをご紹介

夏バテの症状をチェックしよう!原因と解消法のおすすめをご紹介

暑くなってきましたね〜。なんか年々暑さが厳しくなっているような気がします。この時期になると

なんとなくだるいな〜

とか思うことが多くなりますよね。もしかして夏バテ!?と思われる方は、この記事で夏バテの症状をチェックしてみましょう!また、夏バテの原因や解消法をわかりやすくご紹介していきます。

夏バテの症状をチェックしよう!

まず、夏バテと思われる症状をチェックしてみましょう。

こんな症状があったら夏バテかも!?
・食欲がない

・頭痛がする

・吐き気がする

・お腹が痛い

・下痢が続く

・便秘が続く

・倦怠感(なんとなくだるい)

・思考力低下

・よく眠れない

これらが夏バテの主な症状となります。

熱中症とどう違うの?

熱中症は、脱水症状があるだけではなく体の自律的がコントロールが効かない状態のことを言います。つまり、体の一部が壊れている状態で生命の危険があります。例えば人間には体温維持機能というものがあり、健康な場合は汗をかいたりして体温を一定に保とうとします。しかし、この機能が故障してしまうので体温が下がらず、腎機能が低下し死亡するケースもあります。

夏バテは慢性的なものですが、熱中症は急性なものと言えますね。

夏バテの症状の原因は一体何!?

夏バテの原因は大きく2つあります。

1つ目の原因は、汗をかくことで水分やミネラルを失ってしまい、血流が悪くなってしまうことです。血流が悪くなると各器官が普段と比べて、十分な栄養や酸素を運ぶことや老廃物の回収が上手くできなくなります。そこで身体の防衛本能が「活発に動きすぎると無理がかかる」と反応して「だるさ」や「不調」に繋がっていきます。

次の原因は、夏場になると冷たい物を飲んだり食べたり、エアコンがある部屋で過ごすことが多くなることが関係してきます。このため体を冷やしがちになるので、胃腸の血行不良が起こります。胃の機能が低下して空腹になっても食欲がわかなかったり、腸の機能が低下して下痢や便秘などの症状を起こします。また、体温調節が上手くできず自律神経が乱れてしまい、体調不良になるケースも多くあります。

夏バテ症状の解消法のおすすめは?

こまめな水分補給

成人の場合、水分が1%欠乏すると「喉が乾く」という自覚があり、2%欠乏すると「強いのどの渇き」や「ぼんやりする」ようになってきます。なので、「のどが渇いた」と思う前に水分補給をするのがいいですね。飲み物は季節に関係なく、水が1番理想的です。コーヒー紅茶、ジュースなどはカフェインや糖分含がまれているので嗜好品として楽しむ分にはいいですが、水分補給を考えるならお水を飲むようにしましょう。

体調管理をしっかりして自律神経を整える

自律神経を整えるためにも、起きる時間や寝る時間がバラバラにならないようにしましょう。また、1日3食しっかり食べることも大切です。冷房を使う場合は外との気温差が5、6度程度になるように設定しておきましょう(27、28度くらいがベスト)。外との気温差を少なくすることで、寒暖差によるストレスが少なくなります。最後に睡眠をしっかりとって体力を回復させるために、適度な運動をしたり半身浴をするのがおすすめです^^

夏バテの症状を食べ物で解消しよう!

夏バテの症状別に効果がある食べ物をリストアップしていきますので、ご参考にしてくださいね。

体がだるい・疲れやすい人はこれ!
・豚肉

・ピーナッツ

・そば

・ごま

・ロースハム

・枝豆

・ウナギ

・カツオ

・大豆

・卵

・納豆

・牛レバー

・マグロ

・鮭

・サバ

・サンマ

・牛乳

・レモン

・梅干し

食欲がない方にはこれ!
・ウナギ

・鶏レバー

・にんじん

・黄卵

・豚肉

・牛肉

・キャベツ

・レタス

寝つきが悪い・安眠できない人にはこれ!
・牛乳

・ヨーグルト

・チーズ

・煮干し

・納豆

・鮭

・サンマ

・ウナギ

・ほうれん草

・大豆

・アーモンド

などなど。

まとめ

暑い夏に負けないように、こまめな水分補給や体調管理、栄養のある食べ物を食べるようにしましょう!