熱中症と冷房病と風邪の違いを分かりやすくご紹介!対処法で効果がある方法は?

熱中症と冷房病と風邪の違いを分かりやすくご紹介!対策はどんな方法が?

夏になると原因が分からず体調を崩すことがありますよね。これは熱中症?冷房病?夏風邪?と迷われる方も多いのではないでしょうか?自分の症状が分からないと、対策が出来ないので困ります。

ここでは、熱中症と冷房病と夏風邪の症状の違いについてご紹介していきますので、チェックされてみてくださいね。

熱中症と冷房病と風邪の違いは?

熱中症の症状をチェックしよう!

まずは熱中症の症状について説明していきますね。熱中症とは高温多湿な環境で過ごすことで、体が適応できなくなり様々な症状を起こしてしまうことです。スポーツ中や労働中、高齢者や乳幼児に起こるものなど色々あり、主な症状は下のようになります。

熱中症の症状にはどんなことが?

  • めまいや顔のほてり
  • 筋肉痛や筋肉のけいれん
  • 体がだるい、吐き気がする
  • 汗を異常にかく、汗を全くかかない
  • 体温が高い
  • 意識がない、歩けない

簡単にまとめると、熱中症は気温が高く湿気が多い場所で過ごすと、自分の体をコントロールできなくなるということですね。

冷房病の症状にはどんなことが?

次に、冷房病の症状について説明します。冷房病とは自律神経の乱れにより体調不良になることを言います。夏場は冷房の効いた部屋で過ごすことが多くなり、外との気温差が大きくなります。一般的に自律神経は5度以上の急激な変化に対応することができないため、自律神経のバランスが崩れてしまい様々な症状が現れることになります。冷房病の症状は下のようになります。

冷房病の症状にはどんなことが?

  • 体が冷える
  • 常に疲労感がある
  • 肩こりや腰痛がひどい
  • 頭痛がする
  • 腹痛があり、下痢や便秘を起こしている
  • 食欲がない
  • よく眠れない

簡単にまとめると、部屋の中と外との気温差によって体調不良になることですね。

夏風邪の症状をチェックしよう!

最後に、夏風邪の症状について説明します。夏風邪は、夏の暑さで免疫力が落ちてウィルスにやられる場合や、汗をかいた衣服のせいで体が冷えることによって起こります。主な症状は、次のようなものがあります。

夏風邪の症状をチェックしよう!

  • 咳や鼻水が出る
  • 発熱する
  • 喉が痛い
  • 頭痛がする
  • 下痢が出る

冷房病は気温差による自律神経の乱れのせいで起こる体調不良でしたが、夏風邪は暑さや汗による体の冷えによって免疫力が落ち、ウィルスが入ってきて体調不良になることと言えます。

熱中症と冷房病と夏風邪の対策は?

熱中症の症状を対策するには?

まずは、熱中症の対処法を説明します。熱中症は高温多湿の場所で過ごすことにより、起こる症状なので対策は下のような方法が効果的です。

熱中症の症状を対策するには?

  • スポーツドリンクでこまめに水分補給をする
  • 快適な睡眠環境を作る
  • 日差しをよける

スポーツドリンクは、糖分や塩分を含んでいるため水分補給がスムーズにできます。また、汗によって失われた塩分を補給することもできますので、こまめに飲むようにしましょう。

寝ている間の熱中症を予防することや、良い睡眠を取って体力を回復するために快適な睡眠環境を作ることも大切です。具体的には、通気性や吸水性の良い寝具を使ったり扇風機や冷房で快適な温度を保つことですね。

冷房病の症状を対策するには?

冷房病は部屋と外との気温差によって、自律神経が乱れて体調不良を起こすことでした。なので、基本的な対策は体を冷やさないようにすることです。上着を着る、温かい食べ物を食べるなどが大事です。詳しくは別記事で書いていますのでチェックしてみてくださいね(^^)

 気ままなQOL 
気ままなQOL
https://yuh-07.com/natu-byouki-taisaku/reiboubyou-taisaku.html
生活を楽しく便利にする情報を気ままに配信しています。

夏風邪の症状の対処法は?

夏風邪は、暑さや汗による体の冷えで免疫力が落ちることが原因でした。夏風邪の症状の対策は、下のようになります。

夏風邪の症状の対策は?

  • スポーツドリンクでこまめに水分補給をする
  • 汗をかいたらこまめに着替える
  • 栄養のある食事をとる
  • 質の高い睡眠を取る

まずは免疫力を回復させないといけないので、栄養のある食事を取ることや質の高い睡眠を取ることが大切です。

夏風邪になると食欲がなくなって食べられない・・・

そんな方は、おかゆや冷凍うどん、ヨーグルトやゼリーなどで栄養補給するようにしてくださいね。

また汗で体が冷えるといけないので、こまめに着替えるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?夏になって体調が崩れた人は、早く自分の症状を知って対策をすることが大切です。そして、早く治して夏を乗り切っていきましょう!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です