ホーム » 寒さ対策 » 風呂・浴室の寒さ対策で窓と床タイルを劇的に改善する方法まとめ

風呂・浴室の寒さ対策で窓と床タイルを劇的に改善する方法まとめ


風呂・浴室の寒さ対策で窓と床タイルを劇的に改善する方法まとめ

冬場の楽しみとして、温かいお風呂に入ることがありますよね

僕もお風呂は好きなので、冬場は毎日のように沸かして仕事の疲れをとるようにしています

ただ、冬場のお風呂は入り始めが寒いんですよね

だから、入りたいけど面倒臭いと葛藤することもしばしばですw

そこで、せっかくの癒しの時間であるお風呂を快適に過ごすために

風呂・浴室の寒さ対策を劇的に改善する方法

をまとめてみました!

どの方法も効果があるので、試しやすい方法をご参考いただければ!

スポンサーリンク

【前提】風呂・浴室が寒い原因は窓と床タイルにあった

見出しの通り、お風呂が寒い原因は

・窓
・床タイル

にあります

窓はアルミとガラスで出来ていることがほとんどで、この2つの素材には熱を伝えやすい特徴があります

熱を伝えやすいということは、外の冷気も伝えやすいということなんですね

なので、せっかく温まった空気が冷たい窓に触れることで、また冷えてしまい寒い!と感じてしまいます

また、窓のサッシに僅かな隙間があり、そこから冷気が入ることも考えられるでしょう

次に、床タイルです

当たり前ですが、お風呂は裸足で入るので余計に冷たいと感じてしまいますよね

お風呂の床が冷たい場合、その床の断熱性能が低いことが原因です

なので、断熱性能が高い床タイルを使うことを検討していく必要がありますね

特に高齢の親御さんがいる場合、風呂場の寒さはヒートショックの原因にもなりますので、注意しておいた方がいいですよ!

スポンサーリンク

1.お風呂の寒さ対策で窓に出来る対策は2つ

ズバリ、浴室の窓の寒さ対策は2つ!

・窓に断熱性のシートを貼る
・窓のサッシの隙間を埋める

断熱性のシートには、プチプチシートや発泡スチロール板、プラスチックダンボールなどがあります

お風呂場の窓に貼るなら、水を弾いてくれる発泡スチロール板かプラスチックダンボールがいいですよ

次に、窓のサッシの隙間を埋めるなら隙間モヘアシールがオススメです

僅かな隙間でも対応できるので、窓の隙間風をしっかり防いでくれますよ!

窓の寒さ対策については、別記事で詳しくまとめているので、気になる方はどうぞ

窓の寒さ対策をおしゃれに出来る簡単おすすめ方法7つ厳選!
冬になると、悩みとして多いのが部屋が寒いということですよね部屋が寒い原因の60%は窓にあると言われていますということは、窓の寒さ対策をしてしまえば部屋が寒いとい...

2.お風呂の寒さ対策で床を改善する方法3選

基本的に床の寒さ対策は、断熱性能の高い物を敷くことがオススメです

ここでは、簡単に設置できてお手頃な物を3つご紹介してきますね!

まず1つ目が、「浴室用のコルクタイル」です

コルクは足に優しく、滑りにくく、そして暖かいという魅力がたっぷりです

また、優れた耐水性があり、吸い込んだ水分は蒸発させて早く元に戻ろうとする性質があります

なので、風呂場のカビ防止にも繋がりそうですね!

価格もお手頃なのでお試しあれ

2つ目に「お風呂用畳」を使うのは、いかかでしょうか

お風呂に畳って大丈夫!?と思うかもしれませんが、今使う人が増えてきているアイテムです

魅力は、手入れが簡単で滑りにくく、ほんわり暖かいということですね

風呂用の畳は、もちろん丸洗いOKですし、普段は風呂場に立てかけておくだけでいいので楽チンかと!

3番目が「風呂用のスノコ」です

風呂用スノコは、ただの滑り防止で冷気をシャットダウンするだけではありません

使わないときは、パタッと畳むことが出来て場所を取らないんですね

またフラットで穴が空いていないので、髪の毛がついても手入れがしやすいというのも魅力かと!

素材もいいので、気になる方はどうぞ

3.お風呂を溜める時は熱めのシャワーを使おう

お風呂を溜める時に、シャワーを使うと効果的です

出来る限りシャワーを高い所に設置して、そこから浴槽にめがけてお湯を落とすようにください
(速水もこみちがよくやる高い所から調味料をかける感じ)

これをすることで、シャワーのお湯が空気に長く触れることになり浴室全体が暖まります

ただ、お風呂を溜めている時にお湯の温度が下がってしまうことがあるので、いつもより1~2度高めに設定しておきましょう

4.脱衣所に暖房器具があると結構違うよ!

お風呂を溜めている時、風呂場のドアを開けておいて、そこにヒーターの熱風を送り込むのもアリです

このヒーターは、風呂専用のヒーターを買ってもいいですし、普段使っているようなヒーターを使っても効果はあります

風呂専用のヒーターなんて、冬場しか使わないので、そんなに高くなくていいと思います

まとめ

最後にまとめです!

POINT

【お風呂が寒い原因】
・窓と床から冷気が伝わってくるから

【お風呂の寒さ対策】
1.窓に断熱性のシートを貼る
2.窓のサッシの隙間を埋める
3.床にコルクタイルを敷く
4.お風呂用の畳を使う
5.お風呂用のスノコを使う
6.お湯を溜める時にシャワーを使う
7.風呂用ヒーターを使う

冬場において、お風呂は癒しの時間なので、風呂場の寒さ対策をしっかりするようにしましょう

また、赤ちゃんや高齢の親御さんがいる場合は、そちらの方も注意してあげるといいですね!

 
また、別記事で部屋別の寒さ対策や、電気代が本当に安くなる暖房器具の選び方をまとめてます

気になる方はどうぞ!

寒さ対策で部屋の場所別のおすすめ方法【窓・床・壁・玄関ドア・浴室】
寒い寒い冬がやってきましたね冬になると、誰でも一度は経験したことある悩みが「部屋が寒い!」ということ仕事で疲れて帰ってきて、部屋が寒いとなるともう最悪ですそ...

暖房器具のおすすめ厳選!省エネしたいならエアコンを買ってはいけない理由とは?
寒い寒い冬がやってきましたね!この時期になると、『暖房器具を買い替えようかしら?』という人も多くなってきます暖房器具を選ぶ時に、皆が気になることは電気代が安...

こちらも合わせてどうぞ

1.生活費を節約して貯金したい人必見!
生活費の無駄をなくしたいなら、食費や飲み会代ばかりに注目するな!

2.自動車保険の一括見積もりは正直やっておかないと損
自動車保険の一括見積りをしたら、年間で200000円以上安くなったよ!

スポンサーリンク

 

このブログの管理人は

佑

佑です。

路上で商売を経験後、ブロガーになりました。暮らしのお役立ち情報や実践記を気ままに配信しています。

カテゴリー
記事を探すならここ↓