靴を乾燥させる方法と臭いを取るためにやっておきたいこと

靴を乾燥させる方法

梅雨になると雨で靴が濡れてしまい、翌日乾かない・・・なんてことがよくありますよね。そして乾いていない靴を履いて通勤される方も多いのではないでしょうか?また、乾いていない靴を履いていると臭いも気になるところです。

梅雨は天日干しも出来ないので
とても困りますよね

ここでは、靴を早く乾燥させる方法と臭いを取るためにやっておきたいことをご紹介しますので、ご参考にしていただければです^^

靴を乾燥させる方法は?

靴を早く乾燥させる方法を3つご紹介しますので、出来そうな方法で試してみてくださいね。

靴を布団乾燥機で乾かす

布団乾燥機には靴を乾燥させる機能がついてる物が多くあります。例えば、象印さんの布団乾燥機。

靴 乾燥 布団乾燥機

この商品は、運動靴から革靴まで乾かすことが出来ちゃいます。音も静かでサイズもコンパクトなのでとても便利な商品だと思いますよ^^

靴の乾燥は新聞紙とドライヤーを使おう

この方法は、お金がかからないので試しやすいですね。まず靴の紐と中敷を取り、新聞紙を丸めて靴の中に入れましょう。そして、ドライヤーの温風を当てると乾くのが早くなります。

ドライヤーでずっと当てとくの面倒臭いな

その場合は、靴に新聞紙を丸めて入れて吊るしておき、扇風機を当てておくのもアリだと思います。

コインランドリーで靴を乾燥させる

コインランドリーには、靴専用の乾燥機があるところがあります。一般的に20分で200円のところが多いみたいです。自分で洗ったり乾燥させるのは面倒臭いという人には、お手軽な方法だと思います。一度近くのコインランドリーを覗いてみてくださいね。

靴を乾燥させた時の臭いを取るためには?

雨で濡れた靴の嫌な臭いを取る方法を3つご紹介します。

レモンのしぼり汁とコットン

レモンには消臭効果があります。また香りも爽やかなためいい香りもしますね。この方法では、レモンのしぼり汁をコットンに含ませ靴を履く10分前くらいに靴の中に入れてください。そうすると、嫌な香りが消えるだけではなくレモンの爽やかな匂いが広がります。別に絞ったレモンじゃなくてもいいので、市販で売っているレモン汁でいいですよ♪

お茶パックと重曹

嫌な臭いというのは、ほとんどが酸性です。なので、弱アルカリ性の重曹で中和することで嫌な臭いを取ることが出来ます。この方法では、お茶パックに重曹を入れて靴の中に入れておくと嫌な臭いは消えます。また、重曹にエッセンシャルオイルなどを数滴垂らしておくと嫌な臭いが消えると共に、爽やかな香りになってくれます。オススメの香りはレモンやユーカリ、ペパーミントなどがいいと思います。

靴の嫌な臭い エッセンシャルオイル

定番の10円玉

この方法は定番なので、知っている方も多いかと思います。10円玉は銅で出来ており、この銅には殺菌効果と雑菌を分解する効果があるんですね。なので、靴の嫌な臭いの元となっている雑菌を消してくれる効果があります。この時のコツとしては、10円玉を1枚だけではなく片足につき5枚くらいは入れるようにしましょう。1枚だけですと、その周辺しか臭いを取ってくれませんので靴全体の消臭が出来ません。なので、靴の中に10円玉を散らしていくようにした方がいいですね^^

まとめ

まず、靴を乾燥させる方法からまとめておきますと

靴を乾燥させる方法

  • 布団乾燥機で乾かす
  • ドライヤーと新聞紙で乾かす
  • コインランドリーで乾かす

となります。

次に、靴の嫌な臭いを取る方法をまとめておきますと

靴の嫌な臭いを取る方法

  • レモン汁とコットン
  • お茶パックと重曹(+エッセンシャルオイル)
  • 10円玉

今回ご紹介した方法の中で、あなたが試しやすい方法でやってみてくださいね。梅雨の時期は、いろいろ困ることがありますが頑張って乗り切っていきましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です