ホーム » 紫外線対策 » 車のUVカットフィルムの効果と料金は?透明なものじゃないとダメ?

車のUVカットフィルムの効果と料金は?透明なものじゃないとダメ?


車のUVカットフィルムの効果は?

運転中の紫外線が気になる方は多いですよね。紫外線はシミやソバカスの原因になるだけではなく、白内障や皮膚ガンになるリスクも高まります。

ここでは、運転中の紫外線対策としてUVカットフィルムの効果についてご紹介していきます。一般的なUVカットフィルムの料金や、車検に引っかからないようにするための方法なども合わせて、書いていきますのでお付き合い頂ければです♪

スポンサーリンク

車のUVカットフィルムに効果はあるのか?

もともと、自動車用ガラスには60〜70%のUVカット能力があると言われています。ただ、それだけではカバーしきれない部分がありますので、それをUVカットフィルムで対応していくことになります。市販のUVカットフィルムだと90%以上の紫外線をカットしてくれるものが一般的で、中には99%カットしてくれるフィルムもあります。なので、紫外線による健康への悪影響は十分に防いでくれるかと思います。

UVカットフィルムには紫外線対策以外にも様々な効果があって、

UVカットフィルムの効果

  • ガラスの破片が飛び散るのを防止
  • 空調の節電
  • 防虫性

などがあります。もし事故を起こしてガラスが飛び散った場合でも、それを防止してくれる役割もあるので安心できますし、フィルムには断熱性も多少ありますので空調の節電にもなるなど、様々なメリットが期待できますね。

スポンサーリンク

車のUVカットフィルムの料金はいくら?

UVカットフィルムの料金は車の大きさや業者に依頼するかによって、変わってきますがだいたい5万円くらいあれば十分です。
例えばオートバックスだと

オートバックスのカーフィルム料金

  • 軽自動車:15000〜30000円
  • ワゴン車:20000〜30000円
  • セダン車:25000〜40000円

となります。イエローハットですと、

イエローハットカーのフィルム料金

  • 軽自動車:23000円〜
  • 普通車:28000円〜

からとなりますね。車種やフィルムの性能、店舗によっても異なってきますので近くのカー用品店に問い合わせた方がいいでしょう。また、ガソリンスタンドやカーフィルムを扱っているお店では施工してくれることも多いので、そういったお店を探してみるのもいいと思います。

 
業者に頼むと自分で貼りたいな

という人は、ふぃるむ屋さんをご覧になってみてください。種類が豊富なので個性を出せますし、上手に貼れるようにマニュアルも用意されていますので安心かと思います^^

車のUVカットフィルムは透明じゃないとダメ?

カーフィルムには透過率というものがあり、100%に近いほど透明に0%に近いほど黒色になります。車検に通るためには、フロントガラスと運転席・助手席のガラスを透過率70%以上にする必要があります。また、後方のサイドガラスやリアガラスは透過率を何%以上にしなければいけないという決まりはありません。ですが、透過率を下げすぎると後方確認がしづらくなるので注意が必要ですね。

車のUVカットフィルムは透明じゃないとダメ?

http://www.b-pacs.com/detailing/film/inspection.html

もし自分でカーフィルムを貼るという方は、透過率に気をつけてカーフィルムを選ぶようにしましょう。車検に引っかかってしまうと、フィルムをはがさなればいけませんのでご注意を。

まとめ

最後にまとめますと

UVカットフィルムのまとめ

  • UVカットフィルムには紫外線対策以外にも様々な効果あり
  • UVカットフィルムの施工料金は高くて5万円くらい
  • フロント・運転席・助手席のガラスは透過率70%以上にすること

となります。きちんとルールを守って、紫外線対策を万全にしていきましょう。また、UVカットフィルム以外でも手袋やサングラスなどをして紫外線対策することも大事ですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

こちらも合わせてどうぞ

1.ふるさと納税の仕組みから人気商品まで分かりやすく解説
どうせ税金を支払うならふるさと納税した方が簡単お得で100倍いい!

スポンサーリンク

 

このブログの管理人は

佑

佑です。

路上で商売を経験後、ブロガーになりました。暮らしのお役立ち情報や実践記を気ままに配信しています。

カテゴリー
記事を探すならここ↓