ホーム » スポーツ » 渡邊雄太がNBAで結んだ2way契約って何?高校時代やポジションを徹底解説!

渡邊雄太がNBAで結んだ2way契約って何?高校時代やポジションを徹底解説!


渡邊雄太がnbaで結んだ2way契約って何?高校時代やポジションを徹底解説!

渡邊雄太選手(23)がNBAのメンフィス・グリズリーズと2ウェイ契約を結び、日本人史上2人目のNBAプレイヤーが誕生しそうです!僕は、渡邊雄太選手が高校2年生の時に出場したウィンターカップ決勝から観ていましたので、かなり嬉しいです。

ただ、渡邊雄太選手が結んだ2way契約って一体何か知らない方が多いのではないでしょうか?そこで、今回はNBAの2way契約について解説し、渡邊雄太選手の高校時代やポジションについても解説していこうと思います。

スポンサーリンク

渡辺雄太がnbaで結んだ2ウェイ契約って何?

2way契約とは、NBAを目指す有望なプレイヤーに向けて給与待遇面の課題を解決するためのシステムです。NBAには、下部組織でGリーグ(NBAゲータレード・リーグ)というものがあり、将来のNBA選手を育成するためのリーグがあります。

ただ、Gリーグの年俸は200~300万円台のことが多く、選手としては生活するためのお金を維持していくことが厳しい現状がありました。なので、多くの選手は海外のチームに移動してプレーすることになり、育成の場として機能していませんでした。

そこで、2017-18年シーズンから始まったのが「2way契約」です。2way契約をした選手のメリットは、豊かに生活できるお金を保証されながら、NBAにチャレンジすることが出来ることです。デメリットは2way契約をしてしまうとリーグは違えど、そのチームの一員として扱われるため、他のチームから声がかからなくなります(トレードは可能)。

チームのメリットとしては、有望な選手を長期的なビジョンで育成することができることです。また2way契約の選手は、サラリーキャップ(チームが所属する全選手に払う年俸の上限)の対象に入りませんので、良い選手を取ることも出来ます。デメリットは、2way契約した選手の見込みが外れた場合、Gリーグから次の選手を探すことが厳しいです(2way契約は、1チーム2人までのため)。

当然どんなシステムにもメリットデメリットはありますが、個人的には有望な選手がNBAに挑戦しやすくなるので賛成です。後は、渡邊雄太選手がGリーグで活躍して、NBAリーグに昇格出来るように応援しましょう(^^)

スポンサーリンク

渡邊雄太の高校時代はどんな感じ?

渡邊雄太選手の高校は、香川県の尽誠学園です。1年時からスタメンとして活躍しており、2年生、3年生の時はウィンターカップ(全国大会)で準優勝に貢献しています。

高校2年生の時のウィンターカップ決勝が尽誠学園vs延岡学園でした。僕の出身が宮崎県で地元のチームが決勝進出していたので観ていたら、相手チームに大きい選手がおり、それが渡邊雄太選手でした。この当時のポジションはセンター(身長が大きい人がやるポジション、スラムダンクで言うと赤木)で、柔らかいプレイが印象的だったのを覚えています。下の動画の青7番が、渡邊雄太選手です。

この当時の延学は、現在Bリーグのサンロッカーズ渋谷にいるベンドラメ礼生選手や、198cmありながら3ポイントが打てるジュフ・バンパ選手(現在、川崎ブレイブサンダース)がいて強すぎたので、尽誠学園は準優勝に終わりましたが、他の時代だったら優勝してもおかしくない実力でした。

渡邊雄太のポジションについて解説!

渡邊雄太選手は、高校時代はセンターでした。ですが、アメリカに留学してからポジションがSF(スモールフォワード)に変わっています。渡邊雄太選手の身長は206cmありますが、アメリカのバスケ選手では平均的な身長なんですね。なので、センターからスモールフォワードに転向したことが考えられます。

スモールフォワードに求められる役割は、オールラウンダーな能力です。ドライブして得点も取れるし、3ポイントも打つことが出来るなどシュートレンジも広くないといけません。スラムダンクで言うと流川楓、あひるの空で言うと夏目健二を想像してもらうと分かりやすいでしょう(知らない人はごめんなさい)。

それもあって、高校時代から渡邊雄太選手のシュートレンジがものすごく広がりました。日本ですと高身長な人はゴール付近のシュートだけ打てればいいですが、アメリカではそうもいきません。なので、渡邊雄太選手は3ポイントも相当練習したんでしょうね。大学4年時は、3ポイント成功率が36.4%と非常に高いです。

また、日本人離れした豪快なダンクや献身的なディフェンスも彼の大きな魅力ですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?ようやく日本人でもNBAで通用しそうなプレイヤーが現れて、今後の期待が高まります。今後の課題としては、フィジカル面と得点能力をもっと上げる必要がありそうですね。

日本バスケ界にとっては、かなりの逸材なので東京オリンピックも楽しみすぎます!渡邊雄太選手、頑張ってください!

また、日本人初のNBAプレイヤーである田臥勇太選手については別記事でまとめています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

他の人気記事はこちら!

カテゴリー
話題別
記事を探すならここ↓
このブログの管理人は

佑

佑です。

路上で商売を経験後、ブロガーになりました。暮らしのお役立ち情報や実践記を気ままに配信しています。