ホーム » 春のイベント(3〜5月) » 五月人形の処分方法はどうする? あなたの状況に合ったいろんな対処法

五月人形の処分方法はどうする? あなたの状況に合ったいろんな対処法


五月人形の処分方法はどうする?

子供が大きくなると、端午の節句に五月人形を飾ることもなくなりますよね。そうなると、五月人形は収納スペースも取りますし処分したいと考える人もいるかと思います。出来ることなら思い出として残しておく方がいいと思いますが、現在はアパート住まいの人も多いので、そうも言ってられませんよね(^^;

そんな方のために、この記事では五月人形の処分方法を5つご紹介しますので、あなたの状況にあった対処法を選んでいただけたらと思います。

スポンサーリンク

五月人形の処分方法はどうする?

神社で供養をして焼いてもらう

五月人形を処分する場合は、近くの神社やお寺で供養して焼いてもらうことができます。ただ、いつでも持って行けばしてくれる訳ではなく、神社やお寺に持って行く前に問い合わせてみる必要があります。また供養には料金がかかりますので、そちらも合わせて聞いてみましょう。

「こうげつ人形」というお店のHPで、全国各地の人形を供養してくれる場所の一覧がありますので、ご参考にしてみてくださいね。

https://kougetsu.co.jp/hinamatsuri/kuyou.html

この一覧の中に近い場所がない場合は、神社やお寺に送付できるかどうか?ということを聞いてみるか、自分で近くの神社やお寺を探して問い合わせてみましょう。

代行サービスに依頼

日本人形協会では、人形感謝代行サービスが行われています。ご不要になった人形を全国のお客様から通年でお引き取りし、毎年10月頃に行われる東京大神宮の「人形感謝祭」にて供養してくれます。申し込みをした後は、梱包セットが届くのでそれに梱包すると近くの郵便局がご自宅に取りに来てくれます。料金は1箱5000円です。これなら、わざわざ運ぶ必要もないので楽かなと思います。

http://www.ningyo-kyokai.or.jp/kuyou

スポンサーリンク

ネットで売って他の人に使ってもらう

五月人形を安くで買いたいという人も多いです。なので、ネットで売って別の人に使ってもらうということもできます。売るとしたら、

ネットで売るならどこ?

などが、候補として挙げられますのでチェックしてみてください。

保育園や施設に寄付する

近くの保育園や施設(老人ホームなど)では、行事の時に五月人形が欲しいという所もありますので、寄付してみるのはいかがでしょうか?とても有り難がられることも多いですよ。この場合は、電話で事前に問い合わせてみましょう。

親戚や近所にあげる

親戚や近所で小さい男の子がいる場合、その家にあげるのも一つの手段でしょう。処分するお金もかからないですし、もらう方も無料でもらえるので一石二鳥だと思います。

まとめ

五月人形は出来れば持っておいた方がいいと思いますが、仕方ない場合はご紹介した方法であなたに合ったもので対処していきましょう。

スポンサーリンク

 

もっと知りたいならこちらもチェック↓

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
このブログの管理人は

佑

佑です。

路上で商売を経験後、ブロガーになりました。暮らしのお役立ち情報や実践記を気ままに配信しています。

カテゴリー
話題別
記事を探すならここ↓