ホーム » 春のイベント(3〜5月) » 端午の節句で柏餅やちまきをなぜ食べるのか?セットのおすすめもご紹介

端午の節句で柏餅やちまきをなぜ食べるのか?セットのおすすめもご紹介


端午の節句に柏餅やちまきを食べるのはなぜ?

5月5日は端午の節句ですね。端午の節句になると柏餅やちまきを食べるのが楽しみという人も多いのではないでしょうか?ですが、どうして端午の節句に柏餅やちまきを食べるようになったのか知っていますか?

この記事では、柏餅やちまきを食べるようになった由来に注目していきます。また、柏餅とちまきを別々に買うのは面倒臭いという人に向けて、おすすめのセット商品をご紹介しますのでお付き合い頂ければです^^

スポンサーリンク

端午の節句で柏餅をなぜ食べるのか?

柏餅が生まれたのは、江戸時代だと言われています。柏の葉っぱには特徴があり、新しい芽が育つまでは古い葉っぱが落ちないのです。このことから、「子供が成長するまでは親が死なない」という縁起に結びつけ、「家系が途絶えないように・子孫繁栄しますように」という願いを込めて食べられるようになりました。それではなぜ、端午の節句に柏餅を食べるのかと言いますと、端午の節句は男の子のお祝い行事だったからです。なので、その子が健やかに成長しますようにという願いも込められています。

また、この柏餅は江戸時代の参勤交代(江戸時代の大名達は、期間ごとに江戸で働くように命じられていました。簡単にいうと転勤みたいなもの。)で日本全国に知れ渡ったと考えられています。しかし、柏の葉っぱは西日本にはあまり生えていなかったため、関東を中心として広まっていました。なので、西日本の人々は端午の節句にちまきを食べていたみたいです。

スポンサーリンク

端午の節句で食べるちまきの由来は?

もともとは中国で、もち米を植物の葉で包んでアクで煮た団子のようにして食べられていました。この「ちまき」の由来は中国のある人物のが逸話関係してきます。

ちまきは、中国の英雄である屈原(紀元前4〜3世紀)という人物の逸話から生まれました。中華戦国時代、楚という国の王族であった屈原は王に信頼されていたため、重要な地位を任せられます。しかし屈原は自分の優秀さのせいで、他の官僚達からひがまれるようになり地位を失ってしまいます。そして最後には長沙という場所に飛ばされてしまい、川に身を投げ自殺をしました。その自殺をした日が5月5日です。屈原の自殺後、彼を慕う人々が彼が身を投げた川に投げ入れたものがちまきと言われています。こういう話があったため、中国では屈原の命日である5月5日に彼を偲んでちまきを食べるようになりました。それが日本にも伝わり、端午の節句にちまきを食べるようになったということです。

また、ちまきには中国の昔から伝わっている話で「難を避ける」という意味があります。そして、端午の節句は元々「けがれを払う日」とされていたため、厄除けにちまきを食べるようになったのも由来の一つです。

 
ちなみにですが、ちまきを漢字で書くと
「粽」になります

柏餅とちまきのセットでおすすめはこれ

柏餅とちまきを別々に買うのも面倒臭いですよね。そんな人には、四季慈庵というお店の端午の節句セットがいいですよ。この商品は柏餅とちまきがセットになっています。四季慈庵の和菓子は、全国のホテルやスイーツバイキングなどで出されており、人気を集めています。気になる方はチェックされてみてくださいね。

柏餅とちまきのセット商品

まとめ

柏餅とちまきの意味をまとめておきます。

柏餅とちまきの意味

  • 柏餅〜子孫繁栄を願って食べられる
  • ちまき〜厄除けのために食べられる

僕は九州育ちなので柏餅を食べる習慣はありましたが、大人になるまでちまきは食べたことがなかったです。やはり昔の歴史の影響で地域差があるんだなということを感じました。

さて、端午の節句は子供の健やかな成長を願って、縁起物である柏餅とちまきを美味しくいただきましょう^^

こちらも合わせてどうぞ

1.ふるさと納税の仕組みから人気商品まで分かりやすく解説
どうせ税金を支払うならふるさと納税した方が簡単お得で100倍いい!

スポンサーリンク

 

このブログの管理人は

佑

佑です。

路上で商売を経験後、ブロガーになりました。暮らしのお役立ち情報や実践記を気ままに配信しています。

カテゴリー
記事を探すならここ↓