ホーム » 夏のイベント(6〜8月) » 下駄で痛い時の対策のまとめ!指や足の裏が痛い場合に効果がある方法

下駄で痛い時の対策のまとめ!指や足の裏が痛い場合に効果がある方法


下駄が痛い時の対策は?指や土踏まずに効果がある方法

もうすぐ夏祭りシーズンですね!この時期は、浴衣を着て下駄を履いて行かれる方も多いのではないでしょうか?ただ、下駄を履くと足が痛くなる人もたくさんいますよね。そうなるとせっかく楽しいお祭りなのに、きつい思いをしてしまいます(^^;

ここでは、下駄を履いて痛い思いをしないように対策をご紹介していきますのでお付き合いいただければです(^^)

スポンサーリンク

下駄が痛い時の対策で効果がある方法は?

下駄を履いて痛くなる時の原因は2つあります。

下駄を履いて痛くなる原因

  • 鼻緒が足に合っていない
  • 歩き方がおかしい

まず「鼻緒が足に合っていない」です。特に新しい下駄を履く場合に多いですが、買ったばかりの鼻緒は固くてきつい場合があります。そのため、足のいろんな部分に痛みが生じて着ます。なので対策として、次のことをしてみてくださいね。

下駄の鼻緒の痛みを抑える方法

  • 鼻緒の部分を強く引っ張って、柔らかくなるように揉む
  • 新聞紙を丸めて鼻緒の部分に詰める

買ったばかりの下駄は鼻緒の部分がきついので、親指と人差し指で挟む部分を力強く引っ張ってみてください!簡単には壊れませんので大丈夫です。そして、鼻緒が柔らかくなるように鼻緒全体を揉むことが大切です。これを1回だけではなく、何日間か続けた方がいいですよ(^^)履き古した下駄を履いても痛くならないのは、鼻緒の部分が柔らかいという理由もあります。

また、鼻緒の部分が低くて当たることを防ぐために、新聞紙を丸めて鼻緒の部分に詰めておきましょう。そうすることで、鼻緒に型が出来てきますので足の指がきついということもなくなります。

次に「歩き方」についてです。現代の人たちは、後ろ足に重心を置いて歩く人が多いんです。ですが、下駄を履く時の正しい歩き方は前足重心と言われています。なので下駄を履くときは、つま先立ちのような前足重心を意識してみてくださいね。普段から下のようなダイエット用のスリッパを履いておくといいかもしれませんね♪

下駄で足が痛い時の対策

あとは、お祭り当日には絆創膏を数枚持参しておいて痛い場合は貼ることも大切だと思います(^^)

スポンサーリンク

下駄で指が痛い場合は?

下駄を履いて足の指が痛い場合の対策として、まずは先ほど言いました鼻緒を引っ張って揉むことをしてみてくださいね。

そのほかの方法としては、次のようなものがあります。

下駄で指が痛い時に試して欲しい方法

  • ジェルインソールを使う
  • 絆創膏を鼻緒の部分に貼る

まず、1つ目の方法の「ジェルインソールを使う」です。ジェルインソールとは下の画像のようなもので、鼻緒の部分に貼ることでクッションになってくれます。透明なので目立たないですし、足の負担が少なくなるので立ち姿勢が綺麗になりますよ♪

下駄の鼻緒が痛い場合はこれ!

次は、お金をかけたくない人におすすめの方法で「絆創膏を鼻緒の部分に貼る」です。目的は、ジェルインソールと同じでクッション的な役割や靴擦れを防ぐためです。方法は簡単です♪

絆創膏で鼻緒の指イタ対策

  1. 絆創膏の肌色の部分をカット
  2. 鼻緒の親指と人差し指の部分にカットした絆創膏を数枚貼る
  3. 絆創膏の肌色の部分を細かくカットする
  4. 細かくカットした絆創膏を、鼻緒の裏側に貼る

ぜひぜひ試してみてくださいね〜(^^)

下駄の足の裏が痛い時はどうする?

下駄を履くと、足裏がくすぐったい感じに痛くなりますよね(^^;)対策としては、足の裏の部分に靴擦れ防止のパッドを貼っておきましょう。パッドを貼っておくと、足裏のクッションにもなりますし、前すべり防止にもなり足裏や足指の付け根の痛みに効果が期待できます♪

下駄で足の裏が痛い時の対策!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

基本的に下駄で足が痛いときは、鼻緒か歩き方に問題があります。対策を万全にして楽しい夏祭りをお過ごしくださいね(^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

こちらも合わせてどうぞ

自動車保険の一括見積もりは正直やっておかないと損
自動車保険の一括見積りをしたら、年間で200000円以上安くなったよ!

スポンサーリンク

 

このブログの管理人は

佑

佑です。

路上で商売を経験後、ブロガーになりました。暮らしのお役立ち情報や実践記を気ままに配信しています。

カテゴリー
記事を探すならここ↓