七夕の天の川の由来と織姫と彦星の物語!短冊を書くようになった理由は?

七夕の天の川の由来と織姫と彦星の物語!短冊を書く理由は?

7月7日は七夕ですね!七夕と言えば、天の川や織姫と彦星などが浮かんでくる人がほとんどだと思います。

ですが、天の川の由来や織姫と彦星の物語を知っている人は少ないのではないでしょうか?この記事では、そんな由来を分かりやすく楽しく書いていきますのでお付き合い頂ければです(^^)

七夕の天の川の由来と織姫と彦星の物語!

七夕の由来は奈良時代に中国から伝わってきたと言われています。それでは、七夕の物語をお楽しみください♪

[normal_box2 color=”blue” border=”b1″] 天帝という神様が星空を支配していた頃の物語。

天帝の娘である織姫は、織物が上手で神様たちの着物を作る仕事をしていました。

神様たちの間で働き者の娘だと評判でした。

そんな織姫ですが、男性との縁になかなか恵まれずにいました。

そこで天帝が、働き者で真面目な牛飼いの彦星と結婚をするよう言いました。

織姫と彦星は互いに一目惚れをしてしまい、
結婚生活が始まりました。

2人はとても仲良く暮らしていましたが、お互いのことが好きすぎて
仕事もせず遊び呆けるようになります。

そんな2人のせいで、みんなが天帝に文句を言うようになります。

『織姫が仕事をしないから着物がボロボロです』

『彦星が世話をしないので、牛たちが病気になっています』

それを聞いて天帝は大変怒り、2人の間に天の川を作って2人の仲を引き裂きました。

離れ離れになり、ひどく悲しんでいる織姫を見て天帝はこう言いました。

『真面目に仕事をするならば、年に一度、この川に橋をかけよう』

それを聞いて、織姫は毎日織物を一生懸命頑張るようになりました。

彦星も牛のお世話に精を出すようになりました。

そして待ちに待った7月7日の夜、織姫は天の川を渡って彦星の元に会いに行くことができました。
[/normal_box2] と言う物語です。仕事をサボったのが悪いですが、1年に1回しか会えないのは辛いものがありますね〜(^^;

ちなみに天の川に橋をかける時ですが、真っ白なカササギという鳥がたくさん飛んできて翼を広げ、あっという間に橋を作ってくれます。

七夕の天の川のカササギ

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/honmon1968/16048661.html

しかし、7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、カササギが橋をかけることができなくなるので2人は会えなくなってしまいます。そのため、7月7日の雨は「催涙雨(さいるいう)」と呼ばれ、織姫と彦星が涙を流していると言われています。

余談ですが、七夕の前日である7月6日に降る雨は「洗車雨」と呼ばれています。これは、彦星が織姫に会いに行くために使う牛車を洗っている水だと言われています(^^)

七夕で天の川に短冊を書くようになった理由は?

七夕に短冊を書く風習は、先ほどの織姫と彦星の伝説から発展した「乞巧奠(きこうでん)」という中国の祭りが関係してきます。この乞巧奠では、織物を仕事にしていた女性たちが裁縫の上達を願うための祭りだったようです。その後、織物だけではなく芸術や書道の上達も願い、自分が書いたものを吊るすようになりました。

それがいつの間にか「7月7日に自分の願いを書いた紙を吊るせば願いが叶う」という風に解釈が変わっていき現在の七夕の風習となっています。なので本当は、織物や書道、芸術についてのお願い事をした方がご利益はあるのかもしれませんね。

それでは、なぜ笹竹に短冊を吊るすようになったのでしょうか?それは昔から笹竹が神聖なものとして扱われてきたことが関係してきます。笹竹は空に向かい真っ直ぐ伸びる力強い生命力と中が空洞となっているため、そこに神様が宿ると言われていました。そんな神聖な笹竹に吊るすことで、願い事が叶うのでは?という思いが込められて笹竹に吊るすようになりました。

まとめ

今年の七夕は習い事や仕事の上達について、願ってみるとご利益があるかもしれませんね♪今年の七夕は雨が降らずに織姫と彦星が会えるといいなと思います!

別記事で七夕でお子さんに人気のある料理メニューをご紹介していますので、ご覧になってみてくださいね♪

 気ままなQOL 
気ままなQOL
https://yuh-07.com/summer-event/tanabata-kodomo-recipe.html
生活を楽しく便利にする情報を気ままに配信しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です