【Windows】バッチファイルでファイル・フォルダ・URLを一括で開く方法

【Windows】バッチファイルでファイル・フォルダ・URLを一括で開く方法

お仕事などでよく開くファイルやフォルダ、よく見るWEBページってありますよね。

「PCの電源を落とすたびに、そのファイルをまた開き直すのは面倒くさい…」
「毎日使うファイルやフォルダが多すぎて、いちいち開くのがしんどい…」

こんなことを思っている人は多いはず…!

この記事ではバッチファイルを使って、Windowsのファイルやフォルダ、WEBサイトのURLを一気に開く方法を解説します。

バッチファイルと聞くと難しそうなイメージがありますが、コピペで使えるようにしています。

5分で出来ますので、業務効率化をしてみてくださいね。

【Windows】バッチファイルでファイル・フォルダ・URLを一括で開く方法

それではWindowsで、バッチファイルでファイル・フォルダ・URLを一気に開く方法を解説します。

①メモ帳などのテキストエディタを開き、下記のようなコードを書く

【Windows】バッチファイルでファイル・フォルダ・URLを一気に開く方法

コード
start "" "ファイルやフォルダのパス、またはWEBサイトのURL"

よく使うファイルやフォルダ、よく見るWEBサイトのURLを上のコードの黄色マーカーの部分に書いてください。

複数ある場合は上の画像のように、同じようなコードを書き、黄色マーカーの部分だけ変えればOKです。

②ファイルを保存するときに、拡張子を「.bat」にする

【Windows】バッチファイルでファイル・フォルダ・URLを一気に開く方法

③完成!

【Windows】バッチファイルでファイル・フォルダ・URLを一気に開く方法

完成すると、上の画像のようなアイコンでバッチファイルができます。

あとはこのバッチファイルをダブルクリックすると、バッチファイルの中で設定したファイルやフォルダ、WEBサイトが自動的に一括で開かれます。

なんて便利!!

意外と知らないファイルやフォルダのパスを取得する方法

意外と知られていないのですが、ファイルやフォルダのパスを取得する方法を解説します。

対象のファイルやフォルダを「Shift」+「右クリック」し、「パスのコピー」をクリック

意外と知らないファイルやフォルダのパスを取得する方法

この「パスのコピー」は、普通に右クリックするだけでは表示されません。

「Shift」を押しながら右クリックすると、表示されますので覚えておきましょう!

今回ご紹介したバッチファイルを作るときに、ファイルやフォルダのパスが必要だと思いますので、ぜひ使ってみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

開くファイルやフォルダ、WEBサイトが多い人には重宝するかと思います。

業務の効率化におすすめなので、ぜひお試しあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です