Googleスプレッドシートのcountifで重複チェック・色付け・重複削除のやり方

Googleスプレッドシートのcountifで重複チェック・色付け・重複削除のやり方

あるデータの中で重複しているデータを見つけて、重複を削除したい…
できれば分かりやすいように重複を色付けしたいな!

Googleスプレッドシートの関数「countif」を使えば、それ簡単にできるよ!

Googleが無料で提供している表計算ソフト「スプレッドシート」を使えば、こちらのことが簡単にできます。

この記事でわかること
・Googleスプレッドシートで重複チェック
・Googleスプレッドシートの重複の色付け
・Googleスプレッドシートの重複削除

それでは早速見ていきましょう(^^)

Googleスプレッドシートの関数「countif」とは?

Googleスプレッドシートの関数「countif」を簡単に解説します。

Googleスプレッドシートの関数「countif」とは?
=countif(範囲, 検索条件)

あるデータ範囲の中で、検索対象のデータ個数をカウントしてくれる関数

言葉で言っても分かりにくいと思うので、例を見てみましょう。

例えば、こちらのような「果物リスト」があるとします。

Googleスプレッドシートの関数「countif」とは?

B列の「果物リスト」が検索範囲で、C列にデータ個数を表示させるようにしています。

「りんご」は3個、「バナナ」は2個、そのほかの果物は1個と表示されてるね!

C列に関数の「countif」を使った数式を入力しており、C3セルには下のような数式を入れています。

関数(countif)
=countif($B$3:$B$12, B3)

「$B$3:$B$12」の「$」は絶対参照といいます。
ここでは一旦おまじないと思ってもらっていいです。

検索範囲を指定するときは「$」を使うようにしてくださいね。

Googleスプレッドシートの関数「countif」を使って重複チェック!

Googleスプレッドシートの関数「countif」については分かってもらえたかと!

それでは続いて「countif」を使って重複チェックをしてみましょう。

その前に、、、重複チェックをするときに使う関数で「if」があります。

Googleスプレッドシートの関数「if」とは?
=if(条件, true, false)

条件に該当すれば「true」の値を、該当しなければ「false」の値を表示する

実際に先ほどの「果物リスト」の重複チェックを「if」と「countif」でやってみましょう(^^)

Googleスプレッドシートの関数「countif」を使って重複チェック!

重複している果物はC列に「重複」と表示されているね!

ifの条件に「countif」の結果が「1」かどうか設定しています。

「1」だったら空白を、「1以外」だったら「重複」という文字を表示させるようにしています。

C3セルにはこちらのような数式を入れています。

関数(countif)
=if(countif($B$3:$B$12,B3)=1, "", "重複")

Googleスプレッドシートの重複に色付けをする方法!

それでは続きまして、Googleスプレッドシートの重複に色付けをする方法をご紹介します。

①表示形式/条件付き書式 をクリック

Googleスプレッドシートの重複に色付けをする方法!

②範囲と書式ルールを設定

Googleスプレッドシートの重複に色付けをする方法!

範囲はC列の「重複チェック」の部分を設定しています。

書式ルールに「空白ではない」を設定することで、空白ではないセルに色が付くようになっています。

これらの方法を使うことで、重複チェックを簡単にすることができますね♪

Googleスプレッドシートの重複削除する方法!

それでは最後に、Googleスプレッドシートの重複削除する方法を紹介します。

①重複を削除する範囲を選択

Googleスプレッドシートの重複削除する方法!

②データ/重複削除 をクリック

Googleスプレッドシートの重複削除する方法!

③「重複削除」をクリック

Googleスプレッドシートの重複削除する方法!

④「OK」をクリック

Googleスプレッドシートの重複削除する方法!

⑤完成!

Googleスプレッドシートの重複削除する方法!

スプレッドシートの重複削除も簡単ですね!
ぜひお試しあれ(^^)

まとめ

いかがでしたか?

お仕事でデータの重複チェックをする機会は多いと思いますので、ぜひご参考くださいね!

それでは、お疲れ様でした(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です